【この時期】私が中耳炎になった時のつらい体験.【注意!】

ページ

 

【この時期】私が中耳炎になった時のつらい体験.【注意!】

2012年2月28日火曜日
こんにちは.
FD-EOSのレンズコンバータを模索中な喫茶店です.
あれって、あんまり評判よくないけどどうなんでしょうか?
非常に興味があったりします.

僕が中耳炎になったのは12月のお話.
しかし、この時期も実は注意なお話です.
(若干観覧注意)
--
【始まりは喉痛からだった】
僕が中耳炎に成るまでの経由.
実は喉からくるものでした.

「中耳炎」と言う病気は、
『耳』と書いてあるぐらいなので、耳の病気であります.
しかし、耳自体は喉にもつながっていること注目して欲しい.

僕が中耳炎になる前に、
喉の痛みがありました.
イガイガというか、ズキズキというか・・.
そういった喉の『痛み』がありました.

魚の骨が常に刺さっているような痛みです.
そん時に、耳が聞こえづらいことに気づきました.
そしてほぼ聞こえないとこまで来てました.

その痛みが数日続いた後、
うがいをしたら喉がから黄緑色の『痰(たん)』が出てきました.
正直、アレが最初に出てきたときはショックです.

そしてその時、
僕はちょうど高熱でした.

風邪も患っていて、まーコンボ状態だったわけです.
フランケンシュタイナーを食らった後にギロチンを連続でやられたようなものです.
あまり見かけないようなコンボかな?
--
【とりあえず病院行ったわけです】
んで、まー、
高熱、喉痛、謎の痰、耳が聞こえねー、
そんな症状でした.

とりあえず耳.
耳やべーなと思い僕が通っていた日赤の耳鼻科へ.
(現在は伊勢赤十字病院)

んで聴力検査とかしました.
高熱だったのですが、ロキソニンを飲んで2度ぐらい熱を抑えました.
たしか、その次の年に一般にロキソニンが売られるようになり、
CMが出たのかな?
効果が恐ろしい解熱剤ですね.

んで中耳炎ですねー.
初めて僕は中耳炎というものを患いました.
そして喉からくるものだというものを聞きました.

その日から、耳に薬を入れ、
喉から出る痰(たん)に苦しみながら、
熱が収まるまで待ちました.

やはり一番つらいのは痰(たん)です.
口の中からみずみずしい鼻くそのような塊(大きさは2cmくらい)が
ほぼ毎回毎回うがいをするごとに出てきました.
もう嫌で嫌でしょうがないですね.

黄緑いろだったり赤っぽかったり....

その時には熱も収まっていました.
しかし、喉の痰はまだ残っている.
そんな状態です.
--
【それから数日して】
耳はちょっとずつ、ちょっとずつ聞こえるようになってきます.
GUMIさんの献身的な介護により、
だいたい復活.

痰も治まってくる!

わーぃ!
って状態です.

中耳炎、、、、

もうかかりたくねー(;・∀・)
うがいはしっかりしないとね!

中耳炎にならないためのポイント.
・喉のケア
・耳に水が入ったりしたらすぐに出す!
・風邪をひいたら安静に!

この3つがでかいです.
(゜д゜)(。_。)(゜д゜)(。_。) ウンウン


一つ気がかりなのは、、、、、
耳鼻科の先生が女医でした.
その人の顔に思いっ切りくしゃみをしてしまったので、
なんとも言えない罪悪感でした.

そして女医だったのでGUMIさんは若干切れてました.
GUMIさんい『氏ね』的なこと言われました.
(´;ω;`)フルコンボだドン!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事