海外の人が作った自作ヘッドフォンアンプがおしゃれすぎる

ページ

 

海外の人が作った自作ヘッドフォンアンプがおしゃれすぎる

2012年5月2日水曜日
【電子工作】海外の人が作った自作ヘッドフォンアンプがおしゃれすぎる(;・∀・)

自作ヘッドフォンアンプをたくさん見てきたけど、ここまでおしゃれな自作アンプが存在したとは…。

ということで、海外の人が作った自作ヘッドホンアンプの紹介です。まず見た目!透明なのがスゴイかっこいい!空中配線で、レジンベースな透明アンプ。めっちゃいい。

コレの作り方が紹介されていたので、写真とともに参考記事を載せておきます。ただし英語サイトなので詳しくはサイトを見ていただくと嬉しい。

透明ヘッドホンアンプがマジでカッコイイ

AKG ヘッドホン ヘッドフォン 自作 アンプ ヘッドホンアンプ 自作

コチラが海外の人が作った自作のヘッドホンアンプです。とあるフォーラムに公開されていました。

これは、家の電気配線で使われるような太い導線を使い、空中配線を行っているようです。できあがったものをレジン(透明な固まるやつ)で固めた感じで作られるそうです。(ちなみに、このヘッドホンってAKGだと思われ?)

オシャレでかっこいい!

大雑把な制作説明

ヘッドホン ヘッドフォン ヘッドホンアンプ ヘッドフォンアンプ 自作 AKG 図面 回路図

大雑把に説明すると、上記のように空中配線します。線が太いのでこのような固定が可能となるというわけです。家の配線とかで使うケーブルはホームセンターで売っているようです。

コレを見て分かるように、この時点でセンスが試されるわけですわ。

まるで人間の肋骨のように配置されている感じがすばらしくかっこいい。この空中配線の技術&センスが無いと、これを再現するのは無理だけど、きっちりやりたい人はまじでやっちゃえそう。

ヘッドホン ヘッドフォン ヘッドホンアンプ ヘッドフォンアンプ 自作 AKG 図面 回路図

そして、それをレジンで固めます。レジンで固めるときは、周りに枠を作ってそこにレジンを流しこむ。まぁこのあたりは当たり前ですわ。


レジンってこんな感じのが売っているので、これさえあれば透明な塊が作れちゃうと言う。。ただ、こういう電子機器に組み合わせることによって、かなりのおしゃれ度が増すわけです。

もう、オシャレすぎてこういうヘッドホンアンプを自作したいなって気持ちがふつふつと湧いてきますよね?

作り方が公開されている

■:Run Away Brainz: Audio: Crystal cMoy Freeform Headphone Amp
実は、上記リンクにこの空中ヘッドホンアンプを作った人が作り方を公開してます。空中配線の様子、レジンで固めていく様子が詳しく書かれているので、「我こそわ!」という強者は是非チャレンジしてみてください。


ただ、フォーラムにも書かれてましたが、このレジンで固めるのには問題が有ます。それは「熱問題」です

やはりアンプを密閉空間に入れておくのは良くないようで、最終的に穴を開ける必要があります。その辺りも詳しく書かれているので、全て目を通してから作れそうならチェレンジって感じでやればいいかなと。

個人的に、穴より金属板を通したほうがかっこいいなと。

まとめると、
  • 空中配線は若干慣れが必要
  • 電子部品は結構安く揃う
  • レジンって結構高い。ほかに何か無いの?
  • もしかしたら普通にアンプ買うより安くなるかも
  • 写真のAKGのヘッドフォンってかっこよすぎだろ!

このヘッドホンかっこいいね。


ちなみに、写真にあるヘッドホンAKGのK702だと思われます。実は結構憧れのヘッドホンなんですよねー。もしヘッドホンを次回買うとしたらK702は有力候補の一つです。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

▶ 関連する新着記事