突然目の前に光が!その症状の名前は『閃輝暗点』だった.

ページ

 

突然目の前に光が!その症状の名前は『閃輝暗点』だった.

2012年6月16日土曜日
こんにちは!
iPhoneの壁紙用にパンストのニーソックスさんを探しています.
探していたら瀬戸内寂聴さんが出てきてびっくりした喫茶店(@kissaten)です.
今は良い感じのニーソックスさんの画象と出会ったのでそれをロック画面につけています.

閃輝暗点のイメージ

先日、目の前が上記写真のように謎の光が現れた状態になりました.
一瞬ではなく、結構長い時間目の前に光が見えていたので『やばくね?』ということで鳥羽市にある眼科へ.
鳥羽市の眼科、中世古眼科に受診した処.これは『閃輝暗点』という症状らしいです.
閃輝暗点とは?
僕に閃輝暗点の症状が出たときは、運動をしてある程度時間がたった後でした.
どうやら血管関連の以上で目に症状が出たらしいです.
運動後、血圧が高くなって~ ッテ感じですかね?

症状
  1. まず、視覚障害が起きる。
  2. 突然、視野の真中あたりに、まるで太陽を直接目にした後の残像のような黒いキラキラした点が現れる。視界の一部がゆらゆら動きだし、物がゆがんで見えたり、目の前が真っ暗になったり、見えづらくなる。
  3. その後、みるみるうちに点は拡大していく。ドーナツ状にキラキラと光るギザギザしたガラス片や、ノコギリのふちのようなもの、あるいはジグザグ光線のような幾何学模様が稲妻のようにチカチカしながら光の波が視界の隅に広がっていく。これは無数の光輝く歯車のような点が集まり回転しているようでもあり、視界の大部分が見えなくなることもある。これらの視覚的症状は短時間に進行する。
  4. そしてこの閃光と暗点は5分から40分ぐらいで広がって、視野の外に出て消えて行く。この症状は目を閉じていても起きる。
  5. 症状が治まった後、引き続いて偏頭痛が始まる場合が多い。
  6. この後に頭が割れてしまいそうな激しい偏頭痛が3~4時間続き、強烈な吐き気・嘔吐などを伴うことが多い。
これら症状は若年の場合、年齢と共に回数も減りその内にほとんど起こらなくなる。
中年の場合で、閃輝性暗点だけあって、その後に頭痛を伴わない場合は、まれに脳梗塞、脳動静脈奇形、脳腫瘍や、血栓による一過性の脳循環障害が原因である可能性がある。
Via:閃輝暗点 - Wikipedia

閃輝暗点ってどんな感じだった?

運動後に、さ~写真とろう!って行きこんだ時でした.
あれ?ピント・・・・・あれ?ってなったんです.
ピントを合わしたいところだけぼやけていて、他はピントがあっているという状態.

そして、だんだんと白い光が見えてきた

え?え?ってなって非常にパニック状態でした.
たしかにSLEには緑内障がついてまわって、そうなるとわかっていました.
覚悟していたつもりでしたが、いざそういった目の障害になると怖いものです.

実際には上記の『閃輝暗点』というもので、一時的でした.
一時的でしたが5分程度目の前に謎の光が....
中世古さんによれば、頻繁に出ないのであれば気にすることはないとのこと.

僕の場合は運動直後ということでそれが原因ではと思っています.
何はともあれ、深い病気ではなく良かったです.



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事