iPhoneのメール返信時、引用文はこうやって消しています

ページ

 

iPhoneのメール返信時、引用文はこうやって消しています

2012年6月26日火曜日
iPhoneのメールを返信するとき文末にいつもついてくる。メールを引用文なしで返信する方法。引用文をなしで返信したい。iphone メール 引用文 返信 引用 返信時 アイフォン アイフォンのメール引用文 メールアプリの返信時に表示される引用文を消したい iphone メール返信 純正メールアプリ メールアプリ 引用文を消す 引用文 iphone5 iphone4s 純正アプリ iPhoneで引用文をつけないようにする iPhoneで引用文をつけない

ガラケーからiPhoneに変わった人が特に記にする問題。「iPhoneのメール返信時の引用文を消す」方法を色々と試行錯誤して考えてみました。iPhoneのメールでよくでる引用文が邪魔だなーと思っている人用の記事です。

※この記事はiOS5時の記事です。その後のiPhoneのOSアップデートで改善されるかもしれません。

iPhoneのメール返信時の引用文を消す!

@kissaten的なメール引用文消し方法です。必ずしもコレが最良とは言いがたいです。

※iOS7以降はコチラ
■:[K!]iPhoneのメール返信時に、引用文をうまいこと消す方法

鬱陶しい存在

iPhoneでのメール返信時。多分ですけど、僕以外の人もうっとうしいと思っているものがあります。それはiPhoneメール返信時につきものな『引用文』の存在。かなりうっとうしい存在です。

ガラケーユーザからみれば、タダの邪魔な存在なこのメール引用文を消しちゃおうというお話。以前にも書きましたが清書の意味も兼ねて、もう一度書きます。そして更に言うならば、最速な引用文消し返信を目指します。

僕は引用文を残している

しかし、ココで注意したいのが、僕はメール引用文は必要で、「あったほうがよい存在」と思っています。なので、このやり方を紹介はしますが、実際には僕は引用文は残してメールをしています。残したくないひとようの記事です.

では、
メールアプリの引用文を消す。
なおかつ、iPhoneで最速なメール返信を紹介です。

考えるより、まずは試して欲しいやり方、ってか全消し!

考えずにそのままやってみてください。

色んな他所のサイトさんでiPhoneのメール返信時の文章消し方はいくつか言われています。僕にはとある目標が有り、

iphoneで最速なメール返信

色んなサイトさんで紹介されている最速とされて方法いるのが、

『新規作成でメール返信をする』

というやり方が最速とされてます。一般的なやり方だと思います。
【メールを新規作成で返信をする】
返信したいメールを表示。

相手の名前をタップ

相手の情報ページに行くので、メールアドレスをタップ

新規作成画面になりメール本文を入力して送信

たしかにこのやり方は最速です。十分すぎるほど最速なメール返信方法です。

しかしこれでは、、、

上記の方法は引用文もクリアされていて問題ないと思います。しかし、これは僕が望んでいる返信方法ではありません。その理由は、返信時には必ずついていた『Re:』にあります。

このやり方では「Re:」が消えてしまう。

パートナーの存在

僕にはかけがえのないGUMI(@gumisama)さんという恋人がいます。

恋人とのメール返信時の『Re:』の数は重要です。このやり方ではそれすら消えて亡くなってしまいます。

何をのろけてるんだ糞野郎!

それは人それぞれの問題でしょうが少なくとも僕にとって重要です。たぶん、僕以外にも『Re:』の数を気にしていたり、メールを保存していたりする人はいると思います。

そんな人たちのために、僕があみ出したiPhoneメールでの引用文を削除しつつ最速な返信方法を載せます。

返信時『Re:』は残したい!

最速なiPhoneでのメール返信方法は、上記の『メールを新規作成』のやり方でOKだとおもいます。僕はあくまで『Re:』という文字にこだわらせてもらいます。

つまりココで説明するのは

ココで説明をするのは、『Re:』を残しつつ、引用文を削除し、なおかつ最速なやり方を目指します。
※以下メール本文を開いているものとします。


一般的な引用文削除の方法
【一般的なiPhoneメール返信時の引用文の消し方】
矢印のボタンの後、[返信]ボタンを押す

本文の上がわスペース部分を長押しし、[全選択]をタップ

[カット] or Backspaceを押す

本文入力

コレが僕が思っているiPhoneメール返信時の引用文削除の一般的なやり方です。この時点でコレより手間のかかる引用文を削除するやり方をしている人もいるでしょう。このやり方は一般的な引用文を削除しつつ返信する返信方法なので「Re:」はちゃんと付くようになっています。

ココで紹介しているやり方はもしかしたら既知の情報かもしれません。

僕がやっているのはこのやり方よりも少しだけiPhoneメール返信時の引用文削除が早いやり方です。

最速で、しかも『Re:』を残して!

僕のやり方は先に説明した方法と途中までは一緒で、最後のほうが若干違います。ただその一手で早くなるんス。

一手だけ早いやり方

【一手で早いiPhoneメール返信時の引用文消し】
矢印のボタンの後、[返信]ボタンを押す

本文の上がわスペース部分を2回タップし、[全選択]をタップ

本文をそのまま入力

赤文字部分が変更点です。
「2回タップ」と「本文をそのまま入力」の2つがポイントとなっています。

2回タップは長押より確実に早いです。
JailBreakしているiPhoneならこの2回タップを超す速さかもしれません。しかし、あくまでノーマルiPhoneでの最速と考えていただくと嬉しいです。iPhone脱獄ユーザにはかないません。

『本文をそのまま入力』について。

まずはご自分でやってみてください。実は、iPhoneは『全選択』後に本文を入力できる状態になります。そうすることで『削除』ボタンを押す分、ほんのコンマ何秒のハナシですが早く入力できます。

実際に2つのポイントを守りつつやってみると、速さがお分かりになると思います。


iphoneメール返信時はこのやり方をやってみて下さい。

Tiwtterで


また、2本の指を使ってタップしても全文選択されるそうです!どちらの方法でも最速を目指せると思います。

まとめ

  • 「Re:」を残したいならこの記事のやり方をしてね
  • Twitterで教えてもらったやり方もあるよ!

まぁ、こんなかんじです。この方法を使うか使わないかは場合によって分けています。先にも書きましたが、iPhoneのメールで引用文は、残しています。理由としてはビジネスメール時に結局引用文があったほうが良いからです。ガラケーに慣れてしまっている人にとっては邪魔なのでしょうね。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事