EOS 40DとEOS kiss x2の違い:外見

ページ

 

EOS 40DとEOS kiss x2の違い:外見

2012年7月5日木曜日
こんにちは!
GUMI(@gumisama)さんの大阪土産のマダムシンコのやつを食べた喫茶店(@kissaten)です.
うめーっす.色んな食べ方あるんスね!今度は温めるぞ!

EOS 40DとEOS kiss x2

EOS 40DとEOS kiss x2

父がEOS kiss x2を頂いたようです.なぜ?まぁ、経緯はどうであれ、我が家にEOS kissが家に来たわけです.とうことで、現行のEOS 40Dとの違いを見ていこうと思います.今回はとりあえずEOS 40DとEOS kiss x2外見を見ていきたいなと.率直な感想は『EOS kiss x2はめっちゃ軽い!』(;´Д`)
背面から見てみよう
今回のEOS 40DとEOS kiss x2の違いは外見のみを見ていきます.前面はだいたい同じなので、まずはEOS両者の背面側、つまり、ユーザ側を見ていきます.

CANON EOS 40D とEOS kiss x2

上記の比較写真.左がEOS 40Dで右がEOS kiss x2です.EOS kiss x2は40Dに比べ若干小さい印象を受けました.おそらくですが、EOS kissシリーズはコンパクトなEOSで統一されていると思います.

EOS 40DEOS kiss

左がEOS 40Dです.画面の横にセットボタンとダイヤルがあります.セットボタンを押せばライブビューモードになったりします.右のEOS kiss x2はダイヤルがありません.最初、EOS kiss x2を触ったときはものすごく戸惑いました.本来、EOS 40Dの画面下についているボタン等が全てソフトウェアになっているのです.

しかし、EOS kiss x2にはダイヤルボタンの代わりに色々設定できるボタンがついています.細かくは設定できませんが、ぱっと撮るには必要なボタンだと思いました.しかし、EOS 40Dにある『AFボタン』が存在してないのです.どうやってライブビューモードでフォーカスを合わせるんだ?よくわからない.
次は上部を見てみよう.
続いては、EOS両者の上部を見てみます.EOS 40Dですら説明書を読んでないので正式名所はわかりませんが、残り枚数やら今のカメラの状態を見れる液晶が上部についています.そこら辺を見て行きましょう.

EOS 40DEOS kiss

左のEOS 40Dの液晶.こちらにカメラの状態が出てくるようになっています.ところがどうでしょうか?EOS kiss x2には40Dの左にあるダイヤルが右にあります.しかも電源がこんなところに....『え?どうやって情報見るの?』とEOS kiss x2をイジイジしたらわかりました.

EOS 40Dで上部に表示されていたものは、EOS kiss x2本体背部の液晶で表示されるようです.一般的なコンデジと一緒と考えてもらうとよくわかると思います.40Dに慣れているととっても不思議.
EOS kiss x2でとってみた.
EOS 40Dで慣れてしまった僕が、初めてEOS kiss x2というものを体験します.因みに、ここ最近のEOS 40DはFDレンズと組み合わせてマニュアルのみの運用となっています.なのでデジタルカメラなのですが、アナログ一眼レフと一緒のような感覚で撮影です.

EOS kiss x2を持った瞬間の感想は『軽っ!!!』です.超絶な軽さです.しかも、レンズを激安単焦点レンズのCanon EFレンズ EF50mm F1.8 IIに交換したのでものすごく軽く感じる・・.『大丈夫か?』という謎の心配をしちゃったりしました.軽くても一眼は一眼です.しっかりと撮影はできます.

そして、更に思ったことは手ブレ対応のレンズと組み合わせるとものすごいですね.マニュアルに慣れてしまっているので一発で綺麗に取れるのになぜか驚き!またこの感覚を体験できるとは思いませんでした.

撮影に関しては、全くといっていいほどストレスを感じませんでした.EOS 40Dは思い通りに撮るには結構かかりました.EOS kiss x2は気軽に取撮れる機種だと思います.

おもちゃが増えましたw




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事