いつも笑わせてもらっているマンガ:『ボクのマンガ』(片陸遼助)

ページ

 

いつも笑わせてもらっているマンガ:『ボクのマンガ』(片陸遼助)

2012年7月6日金曜日
こんにちは!
ジャングルはいつもハレのちグゥが好きな喫茶店(@kissaten)です.
ハレの突っ込みなしではあの満足感はありえませんね!あ突っ込みすぎて死にそう(;・∀・)

ジャンプスクウェア JUMP SQ

ボクのマンガ - 片陸遼助

我が家は週刊少年ジャンプの他にジャンプSQ(スクエア)を購読しております.週刊少年ジャンプを父が、ジャンプSQを兄が購入してきてくれます.そんなジャンプSQで僕がおすすめしたい、素子でぜひ読んでいただきたいマンガがあります.ソレが、片陸遼助さんの『ボクのマンガ』です.
ショートなのにインパクトは大!
僕が考えるジャンプSQのギャグ漫画といえば、増田こうすけさんの『ギャグマンガ日和』や地獄のミサワさんの『カッコカワイイ宣言!』だと勝手にっています.片陸遼助さんの『ボクのマンガ』は前者二人に匹敵するギャグマンガだと思います.ギャグのジャンルは違えど、僕にはどストライクでした.超弩級です!

片陸遼助さんのマンガはとても独特な小間使いです.3コマとか4コマとか1Pやら2Pやらいろいろです.速攻オチルのがいいです.しかもクセのある落ち方なのでニヤニヤします(;・∀・)

~とある野球の審判~
タイトル:彼は昔の彼ならず
打者『『アウチ!!』』(ゴシュ!)
審判『ストライーッ!!』
打者『『!?』』

打者『『おい審判!今のボールの どこがストライクなんだよ!!(くわっ)』』

(審判は冷静な表情で)
審判『キミは・・・1億円を見たことがあるかい?』
打者『『あぁっ!?』』(何言ってんだコイツ)

審判『私は 見た・・・』『あのピッチャーが私の目の前に 1億円を積むところを・・・』
審判『見て・・・ しまったのだよ・・・・・・』
見て・・・ しまったのだよ・・・・・・

著作権的にはこういった紹介の仕方はどうかと思うのですが、こういう感じのマンガです.ボクはこういうシュールというか斬新というか不条理というかそういったマンガに凄く惹かれます.とりつかれます.とてもツボなんです.

この漫画はとても文章で説明できるようなマンガではありません.『かっこいい』とか『すごい』とかそういった形容詞が当てはまらないマンガだと思います.ぜひ見て欲しい!是非ジャンプSQを買ってみてみて欲しい!ボクのおすすめするマンガ、片陸遼助さんの『ボクのマンガ』でした!

片陸遼助【かたおかりょうすけ】 (kuzushinsetsu) は Twitter を利用しています


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事