LAN内のPCでIPアドレスを固定する.リモートデスクトップとか.

ページ

 

LAN内のPCでIPアドレスを固定する.リモートデスクトップとか.

2012年7月3日火曜日
こんにちは!
カフェインとステロイドが反応することを知っている喫茶店(@kissaten)です.
お茶とかで眠れなくなっちゃうんですよ.プレドニゾロン(プレドニン)飲んでいる人は経験有る?

Windows PCで IPアドレスを固定する

WindowsでIPアドレスを固定する

リモートデスクトップやファイルの共有時にはIPアドレスを固定するのがオススメです(固定IPアドレス).Windowsでのやり方をやりますのでMacの情報をご希望の人はこのまま帰らずに知識として覚えておいてください.IPを『動的』から『静的』にするやり方の紹介です.紹介するのはコントロールパネルからのやり方です.
IPアドレスを確認する方法
まずは、自分のPCのIPアドレスの確認方法です.すでに『静的』IPアドレスになっている人は、PCの起動毎に同じIPが表示されるはずです.しかし『動的』IPアドレスの人は起動毎に異なったIPアドレスが表示されます.
自分が静的か動的かを判断することができます.(※いちいちコレをしなくても判断できます.)

コマンドプロンプトを開き、IPアドレスを確認する.
【コマンドプロンプトを起動する
[スタート]>[すべてのプログラム]>[アクセサリ]>[コマンドプロンプト]
or
[Windowsキー]+[R]>"cmd"と入力をしてOKボタン

【IPアドレスの確認方法】
コマンドプロンプトで"ipconfig"と入力をしてEnterキーを押す.
コマンドプロンプトよりipconfig

上記は日本語表記だが、英語表記の場合255.255.255.0や192.168.1.1等のものが表記されていればソレがIPアドレスであるよっぽどの特殊な環境ではない限り、"192.168.○.○"が当てられているはず.
自分の環境のデフォルトゲートウェイは覚えておこう
以上より、僕のPCのIPアドレスは192.168.1.9ということがわかった.IPアドレスを『動的』から『静的』にするということは、ココのIPアドレスを固定にする、固定IPアドレスにするということです.
やり方はとっても簡単なのでパパっとヤッテみましょう.
IPアドレスの固定方法
コマンドプロンプトの[ネットワークと共有センター]から変更するやり方を載せます.

[スタート]>[コントロールパネル]>[ネットワークと共有センター]
ネットワークと共有センター

アクティブになっているネットワークの[ローカルエリア接続]をクリックします.
※写真ではネットワーク2のローカルエリア接続です.
次に、[ローカルエリア接続の状態]が表示されるので、プロパティを選択.また、[詳細]よりIPアドレスを知ることができます.コマンドプロンプトでのやり方が分からなかったらコチラからでいいと思います.

プロパティを開くと[インターネットプロトコル バージョン○]とあると思います.僕はインターネットプロトコルバージョン4なので4で説明します.IPv6,IPv4の違いは個人で調べていただくとありがたいです.

インターネットプロトコル プロパティ

上記のように[次のIPアドレスを使う(S)]にチェックをいれ、IPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイに数値を入れます.また、[次のDNSサーバーのアドレスを使う]にも同様の値を入れます.上記の画像はほんの一例です.PCのIPアドレスを"192.168.1.9"にしたければ上記のようにすればいいと思います.

また、デフォルトゲートウェイはお使いになっているルータ等で異なるため僕には決め兼ねます.コマンドプロンプトの"ipconfig"で確認した値を入れたらいいと思います.

さて、これで、サブネットマスクやデフォルトゲートウェイが正しければIPを固定できたと思います.これで共有フォルダやリモートデスクトップが可能になります.

お疲れ様でした.これで固定IPアドレスの設定は終わりです.

リモートデスクトップでお困りなら
[K!]【やってみた】Vista Home Premium Sp2 でのリモートデスクトップ【5分】


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事