黒鷺死体宅配便の15、16巻を読んだ.世間のネタを捉えている.

ページ

 

黒鷺死体宅配便の15、16巻を読んだ.世間のネタを捉えている.

2012年8月26日日曜日

黒鷺死体宅配便 16巻15巻

黒鷺死体宅配便 15、16

GUMIさんの仕事仲間のお姉さんに黒鷺死体宅配便を貸していただきました.1~14巻は前に貸していただいたので、また買ったということで黒鷺死体宅配便の新しいのを貸していただきました.やはり絵が綺麗な漫画です!

グロいけど考えさせられる
黒鷺死体宅配便はタイトル通り『死体』がメインのお話です.そして、絵が綺麗なので、、、、人の好みによりますが、『多重人格探偵サイコ』を読める人は、この漫画を読める人だと思います.あちらはザ・グロリーなのでなんとも言えませんが、黒鷺死体宅配便は『死体』『生きる』『死』『残留思念』をテーマとしております.

黒鷺死体宅配便
黒鷺死体宅配便の15、16には最近日本で会ったネタが多々出ていました.コレはどう見ても例のタイガーマスクです.
児童養護施設にランドセルを届けるタイガーマスクです.世間で行われたタイガーマスク運動が漫画に描かれていたわけです.黒鷺死体宅配便では行政の寄付が滞ったというハナシでした.

何故寄付が亡くなったかというと、日本の東北で震災があり、そっちにお金が流れて寄付金がパタリと無くなったというハナシ.そこで黒鷺死体宅配便は子供たちに支援しようという行動を取るわけです.しかし、黒鷺死体宅配便の話のメインは『死体』です.とある事情で東北に行くのですが、やはり死んだ人はたくさん出てきます.

黒鷺死体宅配便の主人公達は死者の声、死者の場所、等色々わかります.主人公は死者の声が聞こえ、死者を操る事ができます.震災の現場にいった主人公はたくさんの声を聞いてしまいまいます.漫画では文字で無数の言葉が書かれていますが、もしそれが聞こえるとしたらそれはすごい数でしょうね.
黒鷺死体宅配便
また、こんな話があります.上の写真はどう見てもデラックスです.このように有名人っぽいキャラクターがたまに出ます.このデラックスっぽい人は針師という設定で、東京の気脈を管理していた一族の末裔です.東京の「とある」都知事が悪さをしているのでそれを阻止する人です.でも死にます.死んでも主人公が動かしちゃいます.

主人公は残留思念によって、死体を動かすかどうかをキメます.「生前したかったこと」「死ぬ間際まで気になっていたこと」そいうったことを叶えるのが仕事です.死体は決して自ら死んだしたいだけではありません.もちろん殺されたしたいもあります.メガネの小学生探偵にこの主人公がいたら、速攻で犯人が見つかるでしょうね.
死を考える
残留思念という言葉.幽霊ものでよく出ますね.もし、仮に残留思念が本当に存在するとしたら、聞いてみたいものです.その人が最後まで気にかかっていたこと.例えばスティーブ・ジョブズが考えていたことを聞きたいですね.

残留思念といえば、ボーイズ・オン・ザ・ランやルサンチマンを書いている花沢健吾さんによる『アイアムアヒーロー』にも似たようなものが出ますね.あれは、「ゾンビもの」なんでしょうけど、そのゾンビ(?)にもなにやら行動が様々です.まだ漫画には出ていないですが、たぶん「残留思念」が絡んでくると思います.



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事