Sparrow for iPhoneのデバッグモードの入り方.

ページ

 

Sparrow for iPhoneのデバッグモードの入り方.

2012年8月1日水曜日
Sparrow for iPhone デバッグモードのは入り方

Sparrow for iPhoneのデバッグモード

ラピッドファイア喫茶店(@kissaten)です.
iPhoneのメーラーアプリとしてSparrowを使わせていただいています.現在は文字化け以外は何の苦労もありません.プッシュ機能はぶっちゃけ要らない機能だと思っているので特に問題ないと思います.
さて、Sparrow for iPhoneのデバッグモードの入り方を紹介します.
デバックモード
※一般ユーザーは真似しないで下さい
※ディベロッパークラスの人にして下さい
かく言う私もディベロッパーではありませんが、高専生ということで許してください.

Sparrow for iPhone デバッグモードのは入り方Sparrow for iPhone デバックモードのは入り方

Sparrowの設定画面に入り、適当なところでiPhoneをシェイク(振る)してください.そうすれば、ビルドの書いてあったところに「デバッグ」と表示されます.おめでとうございます.これでデバッグモードに入れます.
何をする処?
えーと、基本触らないで下さい.情報漏れてもいいよって人はどうぞ.

Sparrow for iPhone デバッグモード

一応説明、このGeneral項にあるEnable Debug(デバッグを有効)を"オン"にすることによってデバッグが可能になります.何をするのかというと、メッセージのログを取って送信しちゃうというもの.

ただし、送信するメッセージは自分で選べるような選べないような.
↑これのため、情報がもれるかもしれない.

ちなみにメッセージログの送り方ですが、
Sparrowの開発元に送りたいメッセージを開きまたまた「シェイク」をするとDebugが立ち上がります.

Sparrow for iPhone デバッグモードのは入り方

コレはどう言った時に使うかというと、僕が冒頭で述べた「Sparrow for iPhoneの文字化け問題」に有効です.文字化けのメールを理由とともに送りつけるとSparrowがサポートしてくれるかもよ!

個人情報といってもアドレスとやり取りぐらいだと思います.
人柱やってもいいよって人はどうぞ!
[K!]Sparrow for iPhoneが1.3にバージョンアップした.POP対応だと!Hotmailが使えます!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事