カメラ用品を湿気から守る防湿庫「ドライボックスNEO」を買った!レンズとかね!

ページ

 

カメラ用品を湿気から守る防湿庫「ドライボックスNEO」を買った!レンズとかね!

2012年9月8日土曜日
HAKUBA ドライボックス NEO

防湿庫

レンズやカメラは湿気にはいかんせん弱いです.湿気によってレンズが駄目になってしまったって経験がありませんか?僕はあります.白っぽいもやが写真に映ります.そんな状態を未然に防ぐために、レンズなどのカメラグッズをココに放り込んでおけばOKっす.そんな製品「ドライボックス NEO」を購入.
ドライボックス NEO
HAKUBAから出ているドライボックス NEOをカメラのキタムラさんにて購入しました.
鳥羽市にはそういったカメラの専門店がないように思えたので、伊勢市のカメラのキタムラさんです.

ドライボックス NEOの取扱説明書

ドライボックス NEOは蓋の裏側に乾燥剤を取り付けるタイプの防湿庫となっています.しかも、蓋の縁がラバー溝になっているため、密閉してくれるっぽいです.

ドライボックス NEOに乾燥剤を取り付けちゃう

ドライボックス NEOに乾燥剤を取り付けちゃいました.付属の乾燥剤を3つ、箱の蓋の裏にとりつけます.蓋の裏の白い蓋をパカって開けると、3つの乾燥剤が収まるようになっています.

HAKUBA ドライボックス NEO

3つの乾燥剤を入れた図.

肝心のドライボックスNEO

肝心のドライボックス NEOの容量ですが、割りと入ります.僕はドライボックス NEOの15Lサイズの奴にしました.持っている奴はとりあえず入りました.安心っすね.

これで安心です.購入を梅雨前にしておけばよかったと若干後悔.商品のレビューを見ると、ホームセンターに売っている湿気取りを放り込んでおくと良いようです.
湿気取りはいっぱいあったので放り込んでおきました.

買うなら早いうちが良かったな.
カメラ用品を守る強い味方、ドライボックス NEOの紹介でした!



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事