AndroidタブレットAT300を4.0(ICS)にアップデートした.ナニコレ快適!

ページ

 

AndroidタブレットAT300を4.0(ICS)にアップデートした.ナニコレ快適!

2012年10月17日水曜日
Android Tablet Ice Cream Sandwich

Android OS 4.0

僕が持っている東芝さんのAndroidタブレットAT300をAndroid OS 4.0(Ice Cream Sandwitch)にアップデートしました.僕はカスタムロムを焼々していた人だったので普通の人よりは手順が一つ多いです.CWMの手順もついでに載せます.
OS アップデート手順
一般的なアップデート手順を載せます.CWM(ClockWorkMod)を使いカスタムロムを焼いていた人の手順は下記に載せます.


僕はアップデート前時点で最新のOSではなかったので4.0に上げる前に最新のOSにしました.しかしカスタムROMで焼いてあったのでアップデートでエラー.下記に示すCWMのやりかたで初期化をして改めてアップデートをしました.

Android OS 4.0 update At300 Toshiba

そしてコチラが本アップデートです.これでバージョンが4.0.4.0.02.000080818になります.謎のしたは数アップデートです.カスタムをご希望の方はコチラからアップデートしないほうが良いでしょう(゚ー゚*)

Atok for Android

ATOKだと!?
どうやらATOKがインストールされるとのこと.今まで入っていたFSKARENからATOK for Androidに.何やら嬉しい仕様ですね.ありがとう東芝さん!


なんか見たことないような画面が出てきた.これはAndroid4.0用の画面ですかね.アプリを最適化中とのこと.そういえば動かないアプリもあるんだったな.

Android 4.0 Installed updated

これで、アップデートは完了です.謎の画面が出ておりますが無視します.カスタムROMを今後入れるかは不明ですが、入れるときはまた例のごとく手順を載せたいと思います.

※Android4.0より
スクリーンキャプチャ機能が標準でつきました.電源ボタンと音量の-(マイナス)ボタンを数秒長押です.
CWMを使った初期化
Android 4.0(Ice Cream Sandwitch)にアプデートする前に、僕はOS3.xの時点で色々カスタムROMを入れていました.なので普通の状態のOSではないです.東芝さんのサポート外です.

ですので、今回のToshiba Tablet AT300をAndroid OS4.0にアップデートするには一手順必要でした.

CWMで初期化をする
まず、まぁCWMを使うぐらいですから、みなさんきっとバックアップは取ってあると思います.僕は工場出荷状態から自分で必要な物を入れた構築時の状態でバックアップを撮っていたのでそこから復帰させます.

【用意】
バックアップを入れたSDを用意
clockworkmod/backupのフォルダ構造

【手順】
まず、本体の電源を切る.

[電源]+[音量+]長押しで起動

真ん中のアイコン

CWMを起動


wipe data/factory reset
Yes -- delete all user data
wipe cache partition
Yes -- Wipe Cache
Backup & Restoreを選択
Restore

これっすね.あとはバックアップした日付のバックアップを選択して暫く待つだけ.これで初期化が可能です.初期化というかリストアですけどね.

あとは通常通り東芝のアップデーターを使用してOSをアップデートします.ROM焼きはまた今度だなー.

管理人の一言:
ROM焼きする必要ないかもしれない


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事