余った素材で安価なiPhoneスピーカーを自作した.※追記アリ

ページ

 

余った素材で安価なiPhoneスピーカーを自作した.※追記アリ

2012年10月17日水曜日
簡単 自作 スピーカー

自作スピーカー

こんにちは皆さん.
この記事を開いてしまった大半の人間は「ナニをバカなことを・・.」とまずは考えると思う.しかし、実際にこのスピーカーを真似て自作してみて欲しい..このスピーカーが案外、しかも意外と良い感じになっていることに気づくかもしれない.とても簡単に作れるのでぜひ作ってみて欲しい.
チップスターの箱
今回僕が自作で使用したのはチップスターの筒状の入れ物である.チップスターを食べたら必ずといっていいほど手元にこれが残るに違いない.いかにチップスターを食べるかは見ている人に任せるとして、これひとつの威力を本気で堪能して欲しいと思っている.

iphoneスピーカー

まず見て欲しい.これは、実はチップスターの箱にiphoneを挿しているだけである.これだけでスピーカーに変わるんだから良いものだろう.


真ん中よりちょい左寄り
トップの写真を見てもらうとわかるように、真ん中より左側に設置されている.これには理由があり、iphoneのスピーカーは実は右側に備わっているのである.この部分を真中に持ってくるために左に寄せている.ちょうど原材料の説明の囲い線より切り込みを入れると良い感じになる.

切れ込みは、四角に切り取らず、コの字に切込みを入れてある.これにも理由があり、紙の戻ろうとする力を利用してiphoneを固定するというもの.切り込みの幅はiphoneの幅に合わせれば良い.ただ、この死にするのは忘れないで欲しい.


フタも活用
チップスターの蓋も活用しちゃおう.フタの上に筒本体を載せるために溝を作る.こうしてやると安定しておくことが出来る.僕はこれだけで対処したが、もし、仮に筒が回転してしまうようなら、筒ごとフタに固定してやれば良い.


今回、底面の部分は残念ながら使用しない.切り取ってしまおう.


横から見たらこんな感じである.このジにしたフラップが良い感じにがっしりとiphoneを固定してくれている.また、紙なのでiphoneを木津付けることなんて無いだろう.

ポイントを書く
・切り込むポイントは真ん中より左
・コの字に切り込む
・フタを台座に活用
・底面に慈悲の心を

※追記分

これは紙製なので、普通にDockとしての機能も追加することが可能なようだ.もしするなら後ろ側からDockケーブルを流してやればそれっぽく出来る.まぁ、お遊び程度なので・・.

音を感じよ!

肝心の音について
肝心のスピーカーとしての性能について悩んでいるようだな.悩む必要なんかない.おそらく思っていたより十分に、いや、十二分(じゅうにぶん)に満足するだろう.巷では雑誌を丸めてスピーカーにしている人達がいる、しかし僕はこれを押す.

このチップスターを推薦するのは筒の長さである.この長さはおそらくベストだ.いや、他を試していないので今の発言は永久に訂正して欲しい.しかし、こういった身近なものでできるので雑誌以外にも試して欲しい.

そもそも雑誌は固定できない.固定できるスピーカーを自作してみよう.

この記事を読んだみんなはコンビニにチップスターとカッターを買いに行きすぐにでも食べて作り始めるべきだ.そして体感してみよう.その凄さを・・・.

僕はその間にコイツをごみ箱にダンクシュートを決めようと思う.良い物なのだが、僕にはGX-500HDという相棒がいる.コイツを裏切る訳にはいかない.

管理人の一言:
思った以上にスピーカー!
スマートフォンようにこういう仕様でお菓子を売れば良いのになと思った.



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事