PlayStation 3 500GB チャコール・ブラック (CECH-4000C)を購入した!軽くて小さい!

ページ

 

PlayStation 3 500GB チャコール・ブラック (CECH-4000C)を購入した!軽くて小さい!

2012年12月12日水曜日
PlayStation 3 500GB チャコール・ブラック (CECH-4000C)

PS3を購入した!

何台目かのPS3購入!

兄のPS3が電源を入れると「ピピピ」という音とともに動作不能になる症状に陥りました.何回かに一回は動作するのですが、さすがにむかつくので新たに販売されたPS3を購入することになりました!
小さいよ~
PlayStation 3 500GB チャコール・ブラック (CECH-4000C)

大きさを見ていただきたい.
一つ前の世代のPS3と比べると明らかに大きさが違う.
ましてや重さも違う.

ダイエット成功だ!


このセットにはhdmiはついておらず、自分で用意してTVにつなごう!
3色端子はついてるけどやっぱりHDMI出力だね!


ちなみに購入したのは500GB.
兄に「そんなにいるの?」と聞いたら、「いるよw」と即答されました.

データの転送
ところで前のPS3からデータの転送を行いたい.

ところが冒頭で述べたようにPS3はほぼ起動しない状態です.


段ボール箱の入り口に転送方法が書かれていました.
新PS3と古PS3をLANケーブルにつないで転送するやり方が書かれていました.

しかし起動しない

しかたなく、
ネットに起動方法が乗っていたのでドライヤーを持って来ました.

PS3の復活方法はドライヤーの温風を背面通気口からひたすら当ててPS3を温めるというもの.

そもそも今回のPS3が起動不可になった原因は、基盤のハンダが高負担ゲームの熱で溶けたものが原因だそうです.このドライヤーの温風でもう一度溶かしてあげる感じでした.ドライヤー中はパチパチという音と、ハンダの懐かしい臭がしました.

通気口溶けたけどね!
PS3の背面が若干溶けました.
でも起動しました.


そして無謀にもCat5eのLANケーブルを使用して3時間ぐらいかけて、データを移行しました.
たぶんLANケーブルのカテゴリを変えると転送速度が変わるんじゃないかな!?


管理人の一言:
古いPS3は動いているうちに弟に渡しました.


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事