松井優征 暗殺教室 第二巻.『大人の時間』というタイトル.

ページ

 

松井優征 暗殺教室 第二巻.『大人の時間』というタイトル.

2013年1月20日日曜日
松井優征 暗殺教室 第二巻.『大人の時間』というタイトル.

学校の仕組み

『暗殺教室』の舞台になっている学校.
その学校の仕組み、E組の仕組みがわかる巻です.

また、その学校を仕切っている理事長の考えも出てきます.

陰湿な学校でした.
あ、@kissatenです.
新キャラ.
イリーナ・イェラビッチ先生

イリーナ・イェラビッチ先生.
もちろん暗殺者です.

みんなからはビッチ先生と呼ばれています.

色仕掛けで暗殺する専門家.
多彩な語学能力を持つ.

イリーナ・イェラビッチ先生の色仕掛け

色仕掛け→成功
暗殺→失敗


まぁ、そうなりますわな.

増えすぎだろ

もう一人の新キャラ、学校の理事長による学校の仕組みの説明.
殺せんせーはそれに納得がいっていないようで勉強を頑張るように.
試験勉強はこんな感じ.

学校の仕組みとは95%働き者と5%の怠け者を作るシステム.怠け者はE組にあたります.

『あのクラスには行きたくない』そう思わせることで生徒が頑張る仕組みを作っている.

なのでE組の教室、場所、色んな面で惨め.

ネタ画像

耳とか鼻とか目とか色々あるっぽい.


台無しの画像.


斉木楠雄のΨ難とコラボ.
2巻の巻末にはこのコラボ漫画がある.
面白い!



そういえば、暗殺教室2巻帯に魔人探偵脳噛ネウロの文庫コミックの情報が載せられていた.この機会に購入するのもいいかもしれない.


2巻まで同時発売なのかな?

ネウロも面白かったよね!

管理人の一言:
ジャンプで好きな漫画の一つです.



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事