僕のGunosyフローはSeeqを使ってPocketに送る。

ページ

 

僕のGunosyフローはSeeqを使ってPocketに送る。

2013年4月21日日曜日
僕のGunosyフローはSeeqを使ってPocketに送る。

iPhoneで情報収集をしている@kissatenです。自分にあった情報を定期的に収集してくれるサービスGunosyを僕も利用しています。Gunosyのアプリから、その後の行動について記事にします。

Gunosyのフローと使用アプリについて書きます。

情報を貯めておく

Pocketに貯める

僕は情報収集はPocetに貯めておいて、仕分け後、良いと思うものをEvernoteに格納します。

Evernote行き

  • 料理のレシピ
  • How to~系
  • Tips系
  • ためになる系、言葉等
  • etc

こういう感じのを僕はEvernoteに格納します。直接Evernoteには送りません。一度Pocketに保管しておいてからの仕分けです。

Gunosyフロー

使用するアプリ




GunosyのiPhoneアプリを利用しています。Gunosyのアカウントを作成して、アプリで使用します。登録は以下のサイトより行えます。Seeqについては後ほど説明します。

Gunosy(グノシー)

主な流れ

GunosyでURLをコピーする

まず、Gunosyアプリで記事をパラ読みしていきます。そして良い感じの記事があれば、とりあえず「お気に入り」のボタンを押します。その後、右端の矢印を押して「リンクをコピー」をタップします。

リマインダーのSeeqで開く

URLをコピーした後、通知センターに登録をしてあるSeeqを開きます。そのあとPocketを開きます。

PocketのAdd

PocketのアプリにURLをコピーした状態で開くと「Add」が表示されます。Pocketにそのまま保存することができます。

Seeqの設定

リマインダーに追加

リマインダーに追加

Seeqの設定画面で、「ショートカットに追加」より上記画像の用に設定します。おすすめは「コピーしたテキストまたはURL」で設定します。そのほうが他のアプリと連携が取れるので僕はこの設定にしています。

PocketのURLスキーム

PocketのURLスキーム

PocketのURLスキームです。上記画像のように「_Q_]を付けなくても良いと思いますが、何か単語を入れていないとちゃんと動いてくれないみたいです。

pocket://_Q_

Seeqを使う理由は?

seeqさん

同じくリマインダーに登録するMyShortcutsを利用してもPocketへの円滑なフローは行えると思います。しかし、僕はURLのコピーをPocket以外にも利用することが多々あるので、Seeqでそのバイパスをしてやるほうが便利だと感じたためこの利用方法にしました。

もちろん、その他URLを利用するアプリがない人はMyShortcutsを利用しても良いと思います。


まとめ

いかがでしょうか?

Gunosyの良い記事をどういう感じで集めているかという記事でした。Pocketに移動した後はPocketアプリを使ってEvernoteやSNSへの連携が楽になります。なのでいったんPocketに入れている感じですね。

紹介されたアプリ





紹介したアプリはこの当たりです。なるべく無料のを紹介できたら良いのですが、SeeqとMyShortcurtsの素晴らしさは折り紙つきなのでぜひ入れて欲しいアプリだったりします。


また、Seeqのアイコンには、ブロガー御用達のImagekitを利用しました。このアプリはブロガー御用達です。もちろん僕も持っています。

まとめ

  • Gunosyは良いよ!
  • 僕はPocketを使ってるよ
  • こういうアプリを使ってる
  • 最後はEvernoteだったりします

そんな感じの記事でした。役に立てそうですか?


管理人の一言

Pocketの整理はテンションが高い時にすると思わぬ発見があります。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事