ソウルイーター 24巻 『規律』と『狂気』の戦い。

ページ

 

ソウルイーター 24巻 『規律』と『狂気』の戦い。

2013年6月30日日曜日
ソウルイーター 24巻 『規律』と『狂気』の戦い。

大久保 篤のソウルイーター24巻を読みました。@kissatenです。ついに終わりだ!と思ったのですが、どうやらまだ終わりではないようです。月の上での戦い。狂気ですねー!

ソウルイーター

狂気狂気狂気狂気


内容紹介
最狂最悪、鬼神顕現!!

最終決戦、残るは遂にその姿を現した鬼神・阿修羅!!!!!!!!!!!!! 最狂で最悪の狂気を纏う敵をめぐる4つ巴の激しい戦い、事態は一体どなるのか――・・・!!?

鬼神が表にでてきます。鬼神はほぼ動いてないのですが、強いです。


が、クロナ(性別不明)に吸収されます。それほどまでに、クロナの狂気がおかしいぐらいに増大しているんですね。


クロナの狂気っぷり


マカの父、デスサイズ。武器として強力。クロナを貫く。


24巻感想

鬼神が出てきます。出てきて、ノアが速攻でやられます。BREWのちからも及ばず。しかし、BREW時代は強力で、鬼神のインフレ具合であっけなくやられた感じ。そして、クロナ。クロナは狂ってます。狂ってるけど真はある感じ。

ブラック☆スター強すぎ、それよりもクロナ強すぎ。って感じ。そして刃が立たず、父親デスサイズ登場の話。デスサイズは強いんだけど、後の鬼神には敗れます。規律と狂気の戦い。

次巻終わりなのかな?わからない。このままだとわからない。それにしても絵が綺麗だなーと。ポスターとか複製原画とかあればかっこいいなと。



管理人の一言:

終わるの?終わらんの?さてどうなるやら。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事