カーサBRUTUS「死ぬまでに見ておくべき100の建築」を衝動買いした!

ページ

 

カーサBRUTUS「死ぬまでに見ておくべき100の建築」を衝動買いした!

2013年7月15日月曜日
カーサBRUTUS「死ぬまでに見ておくべき100の建築」を衝動買いした!

超絶久しぶりにコンビニで雑誌を購入です。カースBRUTUS「死ぬまでに見ておくべき100の建築」というタイトルで、とっても魅力的な雑誌です。通常なら中身を確認するでしょう。しかし、中身など確認しません。「BRUTS」という信頼出来る雑誌だったので購入したわけです。公式サイトで幾つか紹介されているのでそれをもってきました。それよりも「カースBRUTUS」の存在をしれてよかったです。

うっとりする建築

行ってみたい・・・。


内容紹介
WORLD'S BEST ARCHITECTURE
死ぬまでに見ておくべき100の建築。

日本国内、そして世界各国の「一生に一度は見ておきたい名建築」を100件厳選しました。あなたはいくつ行ったことがありますか?
さあ、驚きの建築空間を体験する旅に出かけましょう!

WORLD INDEX
カーサか選んだ名建築ベスト100。

SACRED PLACES by LE CORBUSIER
ル・コルビュジエつくった 「祈りの空間」へ。

GREAT MASTERPIECES
日本・世界の5大建築を紹介。

SEVEN PHOTOGRAPHERS
写真家に聞いた「心奪われた建築」

INTERVIEW WITH KAORU KANETAKA
兼高かおるが語る、一生に一度必ず行くべき世界の旅。

MY FAVORITE & NEXT UP
建築通&旅行通が推す最高の建築。
Via:上記リンク

「死ぬまでに見ておくべき100の建築。」としてほんとうに素晴らしい建築物が紹介されています。世界中(日本を含む)の建築物。ぜひ行ってみたい!といえます。

一部みれる


こちらは本書表紙にもなっている「ニテロイ現代美術館」ブラジルにこんな素晴らしい建物があるのかと、息を呑むばかり。南米の芸術品。ぜひ見たい。


住宅の紹介。このような芸術性のある建物。憧れます。

【写真元/CASA BRUTUS

この書籍は

あってもいいとおもう

980円とコンビニで売られている雑誌からすると若干高いきもするが、これは素晴らしいと思った。「死ぬまでに行きたい」と大げさな気もするが、その内容を見れば「行ってみたい」といえるものだった。


世界中の建築物。その中には日本の特に京都の建築物が素晴らしいと思った。こんなものが日本にあるのかと。下手な旅行雑誌より、こういう建築物から旅行先を決めてもいいかなと。ま、僕は病気が治らない限り旅行にはいけないわけですけどねw

管理人の一言:

素敵な書籍に出会った。久しぶりにコンビニもいいな!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事