『おジャ魔女どれみ』の小説版を4冊読んだ。おジャ魔女どれみ16,17(ドラマCD付き限定版)

ページ

 

『おジャ魔女どれみ』の小説版を4冊読んだ。おジャ魔女どれみ16,17(ドラマCD付き限定版)

2013年7月9日火曜日
『おジャ魔女どれみ』の小説版を4冊読んだ。おジャ魔女どれみ16,17(ドラマCD付き限定版)

@kissatenです。友人アジロー氏が小説を持ってきてくれました。小説は『おジャ魔女どれみ』のキャラクターたちが成長した後の話です。16歳になった春風どれみ。彼女の周りで起きる物語。新しいMAHO堂(ネタバレ)。もう一度、魔女見習いに(ネタバレ)。とにかく、『おジャ魔女どれみ』ファンならニヤニヤです!活字から映像や声が想像できる作品です。

小説、おジャ魔女どれみ

4冊を借りる

現在出ている『おジャ魔女どれみ』の小説4冊を読ませていただいた。おジャ魔女どれみ16が3冊。そしておジャ魔女どれみ17が1冊です。





この小説は、「春風どれみ」の語り口調で物語が進んでいきます。そして、各キャラクターの台詞が入ります。『おジャ魔女どれみ』を見たことある人なら、きっと小説を読んでキャラクターの台詞が頭に出てくるでしょう。

伏線回収

おジャ魔女どれみで「どれみと魔女をやめた魔女」という話を知っているでしょうか?細田守さんが関わった話です。その話にとある伏線が。ネタバレを覚悟のうえなら下記のサイトを見てほしい。そして、そこからどういった伏線があるのか想像してほしい。

伏線回収とは、上記記事に関連する話だった。以外。以外だった。後付ではないと思う。マジョリカとマジョルカの存在がそれを示している。

挿絵



小説『おジャ魔女どれみ』にはこのような成長したどれみ達のイラストが書かれています。挿絵にもどれみ達の絵が書かれている。成長したどれみ達。これを観るためだけにも小説を見てほしい。

ドラマCD


『おジャ魔女どれみ』17には16のドラマCDがつきます。ものすごいです。何がすごいって、当時のスタッフ、キャストが再集結したのです。ってことはあの声で、あの音楽で…もうね素晴らしい!すばらしいです!

まとめ

満足です


『おジャ魔女どれみ』の小説を紹介してくれたアジローさんにすごく感謝です。人生の中で『おジャ魔女どれみ』に触れている自分にとって、この小説の存在は大きいです。ドラマCDも素晴らしい。ありがとうございます。

ドラマCDの最後には、収録を終えた声優陣たちの思い出話が聞けます。必見です!


管理人の一言:

ありがとう。作品を作ってっくれたみなさんもありがとう!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事