こんな男になりたいと思った。高田純次『男の美学』を読んで…。

ページ

 

こんな男になりたいと思った。高田純次『男の美学』を読んで…。

2013年7月14日日曜日
こんな男になりたいと思った。高田純次『男の美学』を読んで…。

高田純次さんの書籍を購入していしまった。『男の美学』と題されたこの書籍は、「高田純次」の魅力がつまりにつまったとっても薄い本だと思います。高田純次さんが好きで、高田純次さんが知りたい人におすすめしたい書籍です。この書籍はTV番組『ゴロウ・デラックス』で知りました。

『男の美学』を読んで

こんな書籍

内容紹介
高田さんが日頃こだわっているおしゃれのポイントを、日常の1週間と、TPOに合わせてスタイリング。さらにシチュエーション別のコーディネートを高田さん流に楽しく紹介します。

「テキトー男」と自らも豪語する高田純次さん。実はかなりのオシャレ男で、そのこだわりがこの書籍から知ることができます。この書籍では、1周間のコーディネート例を始め、スタイリストさんがイメージから高田さんを着飾ります。どれもこれも似合っちゃうっていう。また、高田純次さんの私物や、家族の話について描かれています。

めちゃくちゃ薄い

本の内容は、高田さんが質問を受けてソレに対して答えているのをそのまま文章にしたような感じです。そして、内容はなんか薄い気もするのですが、オシャレに関しては濃い目の情報が書かれています。一瞬真面目でほかは不まじめみたいな。それでも「こだわってんなー」ってのがわかる。



高田純次口調の文章で描かれているこの書籍、「ぶっちゃけうすい」です。「うすい」と言っても「えっちぃ本」という意味ではなく、ページ数が少ないという意味です。かといってソレが悪いわけではなく「高田純次」っぽいです。

「美学」ってか「微学」

本人も書籍の最後に書かれてますが、「男の美学」ではなく、「男の微学」です。帯にもちゃんと書いてあるので、もし書籍を見たらちょっと注目してみましょうwそれでも「高田純次」のお洒落ポイントがわかります。


フランク三浦


番組内でも、書籍でも紹介されていた腕時計『フランク三浦』。某時計のようなそのデザイン。高田純次はこういった「面白い時計」や「ストーリーのある時計」を好んでつけるらしい。そのほうがキャバクラで受けるとかなんとか…。それにしても「フランク三浦」の時計欲しいぞ!?しかも種類が結構ある!

高田純次を知る

家族をしれた

なんか謎の人だと思っていた高田純次さんの家族をしれたのは良かったです。また、高田純次さんのお洒落ポイントをしれて、ちょっとこういうおじさん目指したいなって思いました。


管理人の一言:

買ってよかったと素直に言える。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事