友人に『真マジンガーZERO』を見せさてもらった。原作:永井豪

ページ

 

友人に『真マジンガーZERO』を見せさてもらった。原作:永井豪

2013年11月15日金曜日
友人に『真マジンガーZERO』を見せさてもらった。原作:永井豪

こんにちは、@kissatenです。様々な作品を博愛し、僕に色々教えてくれる友人アジロー氏より、漫画をお借りしました。その漫画は、かの有名な永井豪が原作の作品『真マジンガーZERO』です。どうやらチャンピオンREDで連載していた作品で、マジンガー系の作品だそうです。ちょっとした感想とかを載せます。

迫力あるコマ


マジンガーZといえば、永井豪さんの作品が有名です。

魔神と化し、人類を滅亡させるスーパーロボット・マジンガーZ。そんな滅亡の歴史を変えるため、過去へとタイムスリップする女性型アンドロイド・ミネルバX。何度もバッドエンドを繰り返し諦めかけた時、ついに兜甲児がパイルダーでマジンガーZに乗り込む歴史が訪れる。果たして人類は滅亡を回避できるのだろうか?
Via:Wikipedia

過去へとタイムスリップできるということで、パラレルワールド的なものを想像してもらえば良いと思います。「ミネルバX」といえば、マジンガーに出てくるスーパーロボットですね。そのスーパーロボットが、人間と同じ大きさな感じになっています。あと巨乳。

人を選ぶ・・・のか?



この作品の率直な感想は、「面白い、続きが読みたい」です。一コマ一コマ迫力のあるシーン。エロシーン、ギャグシーン、シリアスシーン、永井豪を構成する要素は含まれております。ただ、1巻に関しては、「うー、2巻目どうしよ」と思わされました。しかし、2巻以降は「続き続き!」と読みたくなるしまつ。

様々な意味で描写が人を選ぶような気がします。僕は雑食なので、いける口です。

アレなフィギュア


まぁ、永井豪といえばエロシーンが有りますわ。これは、弓さやか(キャラクター)がアルテミスAに乗り込むときのスーツです。エヴァ的なアレです。アカンっすねwGoogleに怒られたりして。


kissaten的話


新しい漫画に出会えた。アジロー氏、漫画の続きを持ってきてください!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事