Photoshopの機能を使ってHDRっぽい写真を作っちゃう。

ページ

 

Photoshopの機能を使ってHDRっぽい写真を作っちゃう。

2014年2月20日木曜日
夕方Photo:2014年2月20日 CANON EOS M

こんにちは、写真とマジックが趣味な@kissatenです。2月頃の5時といえば、いい感じに夕日が沈む時間帯でもあります。そんな時間帯を狙って、久しぶりに外にでることにしました。日光を浴びてはいけない身体なので、いろいろな対策をしての作業です。

Canon EOS M
Canon F-M22 STM
Editor Photoshop CS6,Lightroom

HDRを試してみた。


Photoshopのどのバージョンから追加されたか知りませんが、Photoshopには自動でHDR画像を作成してくれる機能があります。HDRとは人間が見ているような感じで写真を出力する技術です。普通の写真とは色の感じが変わります。

[ファイル]>[自動処理]>HDR Proに結合

とやってあげればHDRがぱぱぱっとできちゃいます。

必要な画像として、露出を3パターン以上を用意しなければなりません。なので、写真を撮影する時点で、RAW画質で撮影します。そのあとに、Adobe Lightroomm等の写真編集ソフトを使って、露出を通常、下げた写真、上げた写真と用意してあげます。

JPEGでも可能ですが、その場合は三脚で露出を切り替えながら複数枚同じ場所で撮ります。どちらかと言うと、1枚の写真からHDRするより、複数枚の写真からHDRしたほうが綺麗になる気がします。

んで出来たのがこれ


Lightroomとかで彩度や明度をいじってあげれば、雰囲気の違う写真なんかたやすいです。左が本当の構図で、右は反転させただけです。

HDRでノイズが乗っちゃうのは、設定を変えたら消えます。僕はノイズありのほうが好きなのであえてノイズはおいておきました。

あとはやりたいようにいじればいいのです。

この記事にでてきた製品


こちらのEOS Mで撮影をしました。撮れるのになれたら、メイン機にも成り代わる機材です。


Adobe Photoshopは、文字の追加や画像を少しいじるときに利用しています。今回はHDRの作業もやってもらいました。


Adobe Photoshop Lightroomは、写真のメインのいじりをします。写真を弄りたいだけならLightroom。その後のいじり(合成等)をしたいのならPhotoshopも導入すれば良いと思います。

Photoshopを手に入れる


こちらの記事で、Photoshopを安めに購入したレポートを乗せてあります。マヂで安いです。

kissaten的話


カメラとPhotoshopがあれば、アレな雰囲気なアレな写真は簡単にできちゃいますよ。というかiphoneアプリとかでもHDRとか普通にできちゃいますからね。ちゃんとやってみたい人はやればいいのかなと。僕はノートPCだとちゃんとやれませんなー。(この写真はノートPCでやりました)




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事