再・三重県鳥羽市『MUSEA』のドリップコーヒーを飲みました。

ページ

 

再・三重県鳥羽市『MUSEA』のドリップコーヒーを飲みました。

2014年2月27日木曜日
再・三重県鳥羽市『MUSEA』のドリップコーヒーを飲みました。

こんにちは、@kissatenです。先日、我が地元、鳥羽市にて『MUSEA』さんという素敵なカフェーに出会いました。『自家栽培のおいしいコーヒー』がメインなのに、あえて抹茶フラッペを頼むという暴挙に出た僕です。

というのも、お店に入った瞬間に『あ、この店また来るわ』と直感したためメインではないものを注文しました。そして、今回はメインであるコーヒーに手を出してみようという話です。

鳥羽市MUSEAさん


こちらが前回書いた記事。2013年末、三重県鳥羽市にオープンしたオシャンティーなカフェー。こういうお店がわが町鳥羽市に増えていただけたら、活気が戻ってくるんだろうなーと。初めて訪れたこの日は、抹茶フラッペをテイクアウトしました。

お店の雰囲気をお届け

この時点でおしゃれな香り

今回の記事では、MUSEAさんの内装をちらっと紹介したいと思います。このカウンターがMUSEAさんに入った直後に見える風景です。どうやら精算にはiPad上で動くアプリを利用しているみたいです。

お店のメニューは、店の入口と店内のレジ前にあります。外で選んでもいいですし、中にはいって選んでもいいと思います。注文を受けてからコーヒーを淹れる感じらしく、待合の椅子なんかも店内にあります。

白を基調とした落ち着いた雰囲気がまた素敵。

階段の上には

まだ行かない2階

前記事でも書きましたが、MUSEAさんには二階があり、そこでもコーヒーを飲むことが出来ます。今回も二階には上がりませんでした。テイクアウトでのコーヒー注文。

パノラマ撮影で見てみる

こんな大きさです。

この時はカメラを持っておらず、iPhoneしかありませんでしたのでこの撮影。「カメラ」の標準機能に搭載された「パノラマ撮影」がこんなところで役立つとはお思いませんでした。この撮影している地点よりすぐ右に先の階段がある感じの店内です。二階は一体どうなっているのだろうか…。

ちなみに、コーヒーを淹れるのは、カウンターのすぐ向こうで淹れてくれます。店員さんがちょうど商品だなで隠れちゃってる。

ドリップコーヒーを注文

ドリップコーヒーとサンドイッチ

そして今回注文したのがドリップコーヒーとサンドです。サンドイッチは注文を受けてから温めてくれます。今回注文したのは、中にマッシュルームとチーズ、トマト。そして生ハムが入っているやつです。

食べてね


暖かいサンドイッチ、トロけるチーズ、トマトの酸味、マッシュルームの香りがベストマッチング。というかパンズ自体が旨い。このサンドが450円です。適正価格ですわ。

結構大きいのよね。余裕で1食分ありますわ。

そして、肝心のドリップコーヒー。GUMIさんはコーヒー苦手なんだけど、「飲みやすい」って言って結構飲んでいました。そうなのです。飲みやすいコーヒーなのです。そのコーヒーが350円なのです。

つまり、サンドイッチと合わせて800円。いいじゃん。

MUSEAの情報


MUSEA(ミュゼア)
〒517-0011 三重県鳥羽市鳥羽3-5-24
0599-37-7211
■:HOME - MUSEA

kissaten的


こういう感じで、再び、三重県鳥羽市にあるカフェ『MUSEA』さんに訪れたわけです。店員さんがブログを読んでくださって、報告頂きました。ハズカシー。アホなことはかけませんわ。

今後、こういったお店が鳥羽市に増えてくれたらなと。僕はそう思います。鳥羽商船の学生さんが、コーヒーをテイクアウトして研究時にでも飲めばいいのになーとか思っています。

書き忘れましたが、駐車場はないようです。もし2階に行くならどこかに止めないと難しいですね。僕の足はすでに終わっているので、歩いて行くのはむずそうです。

関連記事







この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事