「ひらくPCバッグ」のEvernote版をゲットしました。

ページ

 

「ひらくPCバッグ」のEvernote版をゲットしました。

2014年3月21日金曜日
「ひらくPCバッグ」のEvernote版をゲットしました。

結構まえから、今まで使っていたかばんに満足してなくて、ネットで話題の「ひらくPCバッグ」というものを導入してみました。この「ひらくPCバッグ」にはエディションが3種類(2014/03/21現在)存在しまして、今回ゲットしたのはEvernoteエディションです。

「ひらくPCバッグ」やエディションの違いは、その他ブロガーさんに任せます。この記事では、僕がこのバッグを選んだ時に気にしたことを書きます。

ひらくPCバッグ


開くPCバッグは、SUPER CLASSICのショップHPと楽天市場のみで販売されています。Evernoteエディションは、Evernoteのサイトのみで購入可能です。

エディションの違い

「ひらくPCバッグ」は様々なブロガーさんに紹介されていて、色々な記事があります。そんな中でも、エディションの違いの記事を集めてみました。

と、こんなかんじで「ひらくPCバッグ」のエディションの違いが紹介されています。

Evernote版を選んだ

ひらくPCバッグのEverenoteエディションを選んだ理由

僕がEvernoteエディションを選んだ理由。





実は手違いでした。



実際に欲しかったのは、「ひらくPCバッグ」の新しいデザインの形状のほうです。新デザインのほうが入る量が多そうだったのでそっちを選びました。しかし、なぜEvernote版を選んだのか?ちょっとした勘違いがあり、Evernoteエディションも新ひらくPCバッグと同形状だと思い込んでいた。

ところがどっこい、上記ブログのように、実際にはEvernoteエディションは実は形状がちょっとだけ違ったという落ちです。勘違いを持ったまま、「あ、Evernoteのバッジ欲しいな」と安直な考えのもとポチッとしました。

両方共2ヶ月待ち必須だったのですが、Evernote版は「予定より1ヶ月」早く家に届きました。(ちょっと待て、決算の関係があるから余計なことするな)

つまり、欲しかったエディションは「新しいデザイン」の方でした。しかし、そのがっかりを挽回できちゃうかばんでした。

コレをやりたかった

CF-S9が結構デカイのです

ひらくPCバッグの評価が高いのは知っています。ノートPCが入るということもわかっています。ところが、そのPCは「Mac」で紹介されています。

Macといえば薄いPCですよねー。僕の使っているLet's note(CF-S9)さんは結構分厚いのです。コイツが入るかどうか微妙だったので、新しいエディションを選んだ(実際には間違った)わけです。

ちなみに、CF-S9とMacBookのサイズの違いです。

282.8 x 41.4 x 209.6 mm(CF-S9)
325 x 24.1 x 227 mm(Macbook)

コレを診てもらうと、高さ(厚み)がCF-S9のほうがあります。2倍近くある厚みが入るのか?それが疑問でした。





実は余裕で入った







余裕で入る

実は、Evernoteエディションは、若干デザインが違うだけで新デザインとほぼ一緒だそうです。つまり、Evernoteエディションで正解だったのです。どっちでもよかったのです。

実際に、今まで使っていたかばんに窮屈に入っていたものを全て詰めてみました。するとどうでしょうか?ペットボトルがあと数本入るぐらいの大きさが開いているのです。めちゃくちゃ余裕だこのやろう!

これはいい!これはいいぞ!と素直に言えるかばんです。まだ来たばかりなので、そのうち使用感とか書きたいかなと。

kissaten的話


さて、やっとこさ実用的なものを手に入れました。これからコヤツを使い倒したいと思います。車いすでも使えそうだったので良かったです。

Evernoteに興味があればコチラから
■:abrAsus – ひらく PC バッグ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事