見つけたら笑顔に!日本のネジ会社と共同で作った『screw:)』が素敵!

ページ

 

見つけたら笑顔に!日本のネジ会社と共同で作った『screw:)』が素敵!

2014年3月21日金曜日
見つけたら笑顔に!日本のネジ会社が作った『screw:)』が素敵!

こちらのネジ頭が笑った顔に見えるネジ。このネジはstudio yumakanoと東大阪にあるネジ専門の製作会社「粉室製作所」が共同プロジェクトで作った『screw:)』です。screwの意味は「ネジ」です。そのネジに海外圏のチャットで使われる笑顔の顔文字である『:)』を足したのですね。

ちょっと面白いグッズです。

『screw:)』


ネジを作っていく工程を動画で紹介しています。動画の後半には笑顔のマークの付いたネジが出現します。

見つけたら幸せな気分!なネジ

専用のドライバーが必要

ちょっとネジとドライバーの接合部分に注目

ちょっと変わった形のドライバー

ちょっと変わったドライバーの頭をしています。

笑顔です。

これを見つけたらちょっと幸せ。

引っ掛けるだけでもいい

壁掛けにこのネジを使ってもいいね。

鍵かけにも

ネジの使い方はいくつも考えられます。

ちょっとしたところにもネジを

『screw:)』はちょっとしたところにつけてもいい感じ。

『screw:)』

このセット欲しいな。

「粉室製作所」との共同プロジェクト
ネジをただ道具として使うだけではなく、そこに「発見」する楽しさをプラスし「小さな驚きを見つけた時の喜びを、ほかの人と共有し合う面白さ」をデザインした。ネジを見つけた時の誰かの笑顔を想像し、使う人自身が使用する場所を考える。ネジ本来の機能性を超えた機能を持った、人を微笑ませることが出来る世界共通のプロダクトとなった。人の感情を動かすことも大切な機能である。

東大阪は技術力の高い中小企業が多数立地するものづくりの街として知られており、粉室製作所ではいろいろな種類のネジが毎年7億本以上製作されています。
見向きもされなかったネジに表情を与えた。ネジのように大量生産されては消えてゆくプロダクトへのアイロニーでもある。スマイルマークは誰もが認識でき、見つけた人が幸せになれる世界共通のデザインである。
専用のネジ、専用のドライバーが要りますが、こういうものが家にあったらどこかにネジネジしたいです。『スマイルマークは誰もが認識でき、見つけた人が幸せになれる世界共通のデザイン』なんとも素晴らしいところに目をつけてくれました。これは売り物?そこはわかりません。興味がある人は、studio yumakanoで聞いてみたら良いと思います。

kissaten的話


ネジで見つける小さな幸せ。ちょっと興味出てきた。『screw:)』についてstudio yumakanoに聞いてみようか。

この記事は@kissatenが書きました。今後とも宜しくお願いします。

■:screw:) | studio yumakano
■:studio yumakano adds smiley face onto screws to bring joy


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事