巨大ガスタンクの内部で行われるプロジェクションマッピング”320° LICHT ”

ページ

 

巨大ガスタンクの内部で行われるプロジェクションマッピング”320° LICHT ”

2014年4月19日土曜日
巨大ガスタンクの内部で行われるプロジェクションマッピング”320° LICHT ”

ものにプロジェクターから投影して動きを見せる「プロジェクションマッピング」技法。ドイツで行われたプロジェクションマッピングは、なんと巨大ガスタンクの中で行われました。高さ112メートルあるガスタンク内部、その320°をプロジェクションマッピングで世界を変えるのです。

それでは「320° LICHT」の紹介です。映像と写真で紹介します。

320° LICHT


とにかくその空間がデカイ。体積で言うと2万平方メートル物空間で行われたプロジェクションマッピングは、なんとも幻想的なものを写しだしてくれます。音楽もそれっぽい感じのやつだそうです。天体観測シアターのなんかすげー版って感じでしょうか?自分の周りすべてがプロジェクションマッピングの世界になりますからね。天井を見上げればそれはそれは壮大でしょう。


どうやら投影にはEPSONのプロジェクターが使われているみたいです。やるなEPSON…。すげーなEPSON…。ちなみに、「Licht」はドイツ語で「光」という意味です。「licht」と小文字で始めれば「明るい」という意味になりますよ。

Pictures

320° LICHT

320° LICHT

320° LICHT

320° LICHT

320° LICHT

320° LICHT

こんな巨大な空間でプロジェクションマッピングを見てみたいです。日本だと、まずはこの空間を作らないといけないですからね。USJのホグワーツ上もプロジェクションマッピングとかするのだろうか?ああいうテーマパークにはすごく合いそうな。

■:URBANSCREEN | SITE-SPECIFIC PROJECTIONS » 320° LICHT

kissaten的話


わが町鳥羽市。映せる壁はいくらでもあるぞー!やるなら今だぞー!この波にのるべきだー!

プロジェクションマッピングってそんなにお金必要なのだろうか?多分いらないよね。鳥羽水族館の壁にでも普通の映像流しているだけでいいと思うんだけどなー。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事