グロすぎ!木の質っぽさを残した人間の首だけの作品”Asphyxia”の紹介。

ページ

 

グロすぎ!木の質っぽさを残した人間の首だけの作品”Asphyxia”の紹介。

2014年4月4日金曜日
グロすぎ!木の質っぽさを残した人間の首だけの作品”Asphyxia”の紹介。

Facebookのアーティスティックな写真を探していてネットサーフィンしていましたら、サムネイルの段階で「グロ画像だな」と思わせた作品がありました。写真には詳細が書かれていないのですが、どうも木で作られた作品なんじゃないかなと。

そしてこの”Asphyxia”と題された作品。まー、グロイわけですよ。つまり観覧注意の方向でこの記事を読むかどうかの判断をして欲しいです。僕は、多分こいつの顔が結構脳裏に焼き付いて、はなれないと思います。ちなみに”Asphyxia”には「仮死」などの意味があるようです。

”Asphyxia”

”Asphyxia”

”Asphyxia”

”Asphyxia”

”Asphyxia”

”Asphyxia”

”Asphyxia”

”Asphyxia”

”Asphyxia”

”Asphyxia”

”Asphyxia”

”Asphyxia”

なんでしょうか?この何とも言えない表情は。”Asphyxia”というだけあって「虚ろな何か」を思い浮かばせます。焦点のあっていない目。開いた口。これが「仮死」ということなのでしょうか?口の中や頭の部分からは何やら黒い液体が溢れだしている。

木の腐っているような質感で作った人間の顔。なんてグロさなんだ。コレを壁紙にしたいとかなんが得てしまっている自分がどうかしてるぜと思える。

この写真を公開しているFacebookページ「Christopher David White Ceramics」では、まだいくつか写真が公開されております。もし良かったらご覧ください。

ページ:Christopher David White Ceramics
画像:Asphyxia

kissaten的話


グロ画像といえばグロ画像に落ち着いちゃうけど、コレも立派なアート作品なのですよね。人間のうつろな表情もさることながら、タイトルのセンスも素敵。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事