noteで成功する一例を見た、加藤貞顕さんのnoteより。

ページ

 

noteで成功する一例を見た、加藤貞顕さんのnoteより。

2014年4月14日月曜日
noteで成功する一例を見た、加藤貞顕さんのnoteより。

2014年4月頃より、突如TwitterのTLを賑やかにした新たなSNS「note」。「個人で手軽に販売できる」という、何かして儲けようとしている人にとって、とっても取っ付き易い機能が付いています。

そんな「note」の運営会社の中の人、加藤貞顕さんのnoteで売上結果が公開されていました。ちゃんとした内容で、ちゃんとした値段だと、ちゃんと売れちゃうという一例です。これがnoteの成功例として見えちゃうんですよね。

noteで成功する

note売上結果

加藤貞顕さんが公開したnote売上結果です。このちょっと前に公開した有料ノートがコレぐらいの売上を上げたそうです。ちなみに公開された有料ノートは下記リンクです。

■:加藤貞顕の企画書(随時更新) | 加藤貞顕 | note

加藤さんの企画書。500円です。こりゃ、見てみたい気もしますね。僕noteで購入できるようにはしていないので、コレは購入していません。

そして、コレで15500円の売上をあげちゃうんですね。これをnoteの成功例と言わずしてなんと言おうか…。

さっきのノートの売り上げが15000円を超えた。これはあれだ。noteで普通に暮らしていけるひとが出てくるね。いや、そのつもりでつくったんだけど。自分で実感。
■:加藤貞顕 | note

しっかりと成功して、単品でも成功して、それを量産すれば本当に生活が出来そうです。購入した人たちの「店長補正」もあるかも知れませんが、権威のある人がこういう「企画書公開」みたいなことしたら絶対売れるだろうな。無名人がnoteで成功するには、よっぽどの技術が必要な気がする。と思う。

ちょっと気になった点

別に僕が物言する意味もないのですが、noteでちょっと気になった点をいいます。

転載とかどうなの?

これ、仮に有料noteを公開したとして、皆さんが優しい善意の人だけとは限らないっすよね?悪意のある人は、「買ったぜ、無料でばら撒くぜ!」なんてことも出来ますよね?しっかりと、転載とかそういうことについて記述しないとなーと思いました。

(´-`).。oO(記述したところで、悪意ある人がばら撒かないなんてことはないですけどね。)

kissaten的話


「noteで成功しました」なんて書籍が出てもおかしくないぐらい成功しそうな気がする。でも、売れるものってほんとうにわからないですよね。イラストレーターさんとかは、イラストとか売るのかな?写真屋さんとかは、写真を売るのかな?とにかくなんでもコンテンツになるnoteに魅力たっぷりな@kissatenでした。

ちなみに僕のはコレです。
■:https://note.mu/kissaten

画像元:加藤貞顕 (sadaaki) | note

関連記事



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事