1円切手を100枚(1シート)購入してみた。

ページ

 

1円切手を100枚(1シート)購入してみた。

2014年5月28日水曜日
1円切手を100枚(1シート)購入してみた。

2014年4月より消費税率が改定され、郵便局にも影響が出ました。通常50円で送れていたものが、52円必要だったり、運送料金が変わりました。

なので、今までの50円切手+2円分の切手が必要となります。

ということなので、僕ははがきをよく出すので、1円切手を100枚購入してみることにしました。

1円切手100枚

1円切手がいっぱい!

1円切手がいっぱい!

1円の切手が100枚あります。つまり、1シート分の切手ということです。だからなんだ?という感じに受け取って下さい。ぶっちゃけ、100枚あっても足りませんけどね…。

ちなみに、こちらの人物は、「前島密」という人だそうです。ちょっと歴史に疎いのでなんの人かわかりませぬ。

前島 密(まえじま ひそか、天保6年1月7日(1835年2月4日) - 大正8年(1919年)4月27日)は、日本の官僚、政治家。号は「鴻爪(こうそう)」。日本の近代郵便制度の創設者の一人で1円切手の肖像で知られる。「郵便」や「切手」、「葉書」という名称を定めた。その功績から「郵便制度の父」と呼ばれる。
■:前島密 - Wikipedia

まじか…。覚えておこう。ヒソカとか、ハンターハンターかよ…。

■:普通切手、慶弔切手一覧 - さくら日本切手カタログ

kissaten的話


1円切手をGUMIさんに購入してきてもらってから知ったのですが、どうやら2円切手とかもあるようです。やってしまいましたわ…。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事