Arduino Zero:マイクロUSBポートがもうひとつ追加されたシリーズ

ページ

 

Arduino Zero:マイクロUSBポートがもうひとつ追加されたシリーズ

2014年5月21日水曜日
Arduino Zero:マイクロUSBポートがもうひとつ追加されたシリーズ

あのお手軽マイコンArduinoに新たな仲間が加わるようです。Make:Japanによれば、『Arduion Zero』が発表されたようです。これはまた、新たなArduinoブームが来るのだろうか?見た目の違いは、やはりマイクロUSBポート。

うーむ、気になる…。

Arduino Zero

Arduino Zero表側

Arduino Zero表側

見かけはArduino Leonardoとよく似ているが、じつはぜんぜん違う。32ビットのARM Cortex M0+コアのAtmel SAMD21を搭載し、これまで8ビットのボートと比べて格段に速い48MHz駆動となり、性能も向上した。

フォームファクターはArduino Leonardoと同じながら、デジタルピンが14本、アナログピンが5本となり、Rx/Txピンを除くすべてのデジタルピンはPWMとしても使える。アナログピンは、Leonardoが10ビットADCだったのに対して12ビットADCとなり、アナログの解像度もぐんと上がった。

Atmel ATmega32u4を使用している8ビットのLeonardoのフラッシュメモリーが32KBでSRAMが2.5KBであるのに対して、Zeroはフラッシュメモリーが256KB、SRAMは32KBとなった。EEPROMは搭載していないが、エミュレーションで16KBまで対応できるので、EEPROMに依存するスケッチも問題なく走る。
Via:Make: Japan | Arduino Zero登場

Oh Yes!

個人的にArduinoを触っていた身からして「おら、ワクワクスッべー!」的なノリです。何やら強化&強化なArduinoですよ!やっぱり写真で見ると、USBポートが2つ追加されています。「Arduino Diecimila」「Arduino Duemilanove」とかそういう感じのやつも有りましたが、こういうハード面の強化は嬉しいですね。

いつ発売なんだろう?全く詳細がないぞ!ある情報としたらデバイスの写真だけだ!ってことで元記事でもあさろうかなと思うった。ちなみにこの写真についてはMake:japanに詳しく載っています。

■:Make: Japan | Arduino Zero登場

kissaten的話


ちなみに、僕はArduinoで距離によってLEDが点灯するとかそいう感じのプログラムを作りました。ほんとうに簡単にできちゃうのがいいですね。小学生でも意味をわかれば簡単にできちゃうので、ぜひ夏休みの宿題等で作ってみて欲しいです。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事