スケッチブックからボーリングの玉が出てくるマジックの裏側…そうなっていたのか!

ページ

 

スケッチブックからボーリングの玉が出てくるマジックの裏側…そうなっていたのか!

2014年5月30日金曜日
スケッチブックからボーリングの玉が出てくるマジックの裏側…そうなっていたのか!

あの有名な、『スケッチブックに書いた、ボーリングの絵が実物になって出てくる』というマジックをご存知だろうか?まんま文字にした通りの現象が起きます。そのマジックをBrynolf and Ljungというふたり組のマジシャンが演じます。

ただし、普通に演じるのではなく、なんと「マジックの裏側」を見せてくれるということです。マジックといえば、「タネをばらす」なんてマジシャンとしてご法度!そんなことをこのマジシャンたちはやってしまうのか!?



さて、前置きはおいておいて…。これは「マジックのタネをバラすぜぃ」というテイストのマジックです。「実はこうなってんだぜ!」というのをコメディテイストで紹介するマジックです。実際の『スケッチブックから~』の種はわかりませんが、彼らの笑いとマジックに満ちた演技を見れます。

Brynolf & Ljung


これは、エンターテイナーを選出する系のオーディション番組です。彼らの演技自体は2分20秒で終わってしまいます。

こんな短い時間で、笑顔にさせてくれるマジックは素晴らしい出来だと思います。笑わせていただきました!

■:スケッチブックからボーリングの玉が出現するマジックの裏側がスゴい事に! | Surpriger(サプライジャー)

kissaten的話


「TVやマジックショーでよく見られるこのマジックの裏側を公開しちゃったのか」とワクワクしてみていたのですが、コメディタッチの演技で安心しました。

コメディといえば、我らがナポレオンズのお二人。あの方たちのマジックもスゴイですよね。ショーに行ってみたいです。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事