自転車のサドルを「空気ポンプ」にするだけで、一石二鳥になる。

ページ

 

自転車のサドルを「空気ポンプ」にするだけで、一石二鳥になる。

2014年5月31日土曜日
自転車のサドルを「空気ポンプ」にするだけで、一石二鳥になる。


このアイディアが好きだ。自転車のサドル部分を、自転車のタイヤの空気入れにしちゃうっていうアイディア。これは、場所を取らなくてもいいし、自転車での旅路にもきっと役に立つアイディアだと思います。

僕は、自転車に乗らない人ですが、この「一石二鳥」的なものが結構好きなんです。

このアイディアが好き

なんで今まで思いつかなかったのだろう。

自転車の「空間」を利用して、それを道具にしちゃうっていう。なんで今まで思いつかなかったのか不思議なぐらい目からうろこなこの装置。

見た目も結構スッキリ

写真で見る限り、サドルを空気ポンプにしてもデザインが損なわれることはないと思います。だって、もともと空洞ですものね。ちょろっと空気を送る線があるぐらいです。

空気ポンプな部分だけ取り出すとこんな感じ。

空気ポンプな部分だけ取り出すとこんな感じです。やっぱりデザインそのままって感じ。これは、今後の自転車の標準になるのではないでしょうか?こんな便利な機能ありませんって!

すっごい高い自転車もいいですが、こういう「一石二鳥」な機能がついた自転車に目をか輝かされます。いくらぐらいなんだろうか?このアイディアを実現するのはそんなにコストがかからない気がする。是非実現して欲しい。

■:Inflator Bicycle – Cycle + Pump Integrated Design by Ling Xuan Kong » Yanko Design

kissaten的話


最近、マルチ機能の製品に魅力を感じて仕方がない。最近見つけたのは、モバイルバッテリーの機能とライトがひとつになったもの。やっぱり一石二鳥的なものが好きなのです。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事