スマホで管理の近未来的家庭菜園「Niwa」がKickStarterで融資を募っているぞ!

ページ

 

スマホで管理の近未来的家庭菜園「Niwa」がKickStarterで融資を募っているぞ!

2014年5月13日火曜日
スマホで管理の近未来的家庭菜園「Niwa」がKickStarterで融資を募っているぞ!

ベジタリアンひきこもり感激!

これは家庭菜園の最終的な形なのかもしれません。スマホですべて管理できる家庭菜園がKickStarterで融資を募っています。

この装置の名前は「Niwa」、まるで日本の「庭」を思い浮かべるような名前。何ができるかというと「家庭菜園」しかも、スマホでできるのです。つまりは、遠方からの家庭菜園も可能なのです。

「ちょっと数日間海外へ」なんてときもスマホがアレばコイツを管理できちゃう世の中になるのですね。究極のひきこもりベジタリアン推薦なグッズになることは間違いないですね!

ということで、Niwaを紹介します。

Niwa

ステップはこのような感じ

ステップはこのような感じです。種を植えてスマホで育てて食べる。至ってシンプルな流れ。もちろん、数ヶ月は必要。

結構小さい感じのも有ります。

こんなかんじで利用されるようです。

Niwaの使用風景はこんな感じ。iPhone以外のスマホでも操作が可能っていう感じらしいです。

結構スペースが小さくても良い

Niwaは結構小さいスペースでも設置可能だそうです。上の写真を見ればその小ささがわかりますね。コレの素材ってなんでしょうか?コルクかダンボールかなんかそういった素材に見えます。

Niwaの使用雰囲気


ライトが太陽代わりになって光合成させるっぽいですね。水はタンク的なものがあるのでしょうか?それにより保水する感じと思います。何ならペットボトルでも入れておけばいいのかと。

雰囲気的には、食べたいときに野菜食べれますよーッて感じですね。自給自足、家庭菜園、ひきこもりのベジタリアンにとっては素晴らしい機構だと思います。

■:Niwa: The world’s first smartphone-controlled growing system by Niwa — Kickstarter

kissaten的話


もうね、こういうのはやって欲しいでうすよね。「安全」を自分でつい食っちゃえばいいんです。そしてそのうち「野菜ブランド」とか個人で持てて、それを多量に作って…。あれ?いつの間にか農家やってるよ…。ってなりますねきっと!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事