FRISKの箱を使った、LEDライトを量産した。DIY楽しい!

ページ

 

FRISKの箱を使った、LEDライトを量産した。DIY楽しい!

2014年6月8日日曜日
FRISKの箱を使った、LEDライトを量産した。

以前から、FRISKのケースを使ったLEDライトの自作をしていまして、ついに6個まで量産することが出来ました。なので、それを記念してここに報告させていただきます。

電子工作に興味がある人にどうぞ。

FRISK LED

FRISK LEDGER

ってことで、7個のFRISK LEDです。

明るさで言うと、普通の懐中電灯よりも明るいです。しかも、写真で光らせているのは、パワーで言うと30%ぐらいの力でそれぐらいです。100%にすると、おそらく見ることも困難なぐらい眩しいです。

30%でも、相手の視界を奪うほど強力な明かりとなっています。長期的に見るのはなかなか難しいライトです。

使った機材とか

本来なら使った機材、LED、予算、色々と伝えることがあると思います。しかし、これはちょっと強力なので公開はやめておきます。というか、ふつうのLEDライトなので、電池とLEDとLEDドライバのみで作成可能です。

FRISKの「スライド機構」を利用したかったので、この箱を使ってみました。

ギークカフェ伊勢さんにて



ということで、ギークカフェ伊勢さんにてチクチクとDIYしていったわけです。作っている途中にLEDが明るすぎて、手元が見えないという難しさの中、作りのけました。

kissaten的話


久しぶりのDIYです。もう少しコストを落として、もっと多量に作れたらいいなーと。フリスクのケースを変えれば、色々な柄のフリスクライトができちゃいますからねー。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事