ゆうちょダイレクトのトークンが届いた。思ってたより小さい。

ページ

 

ゆうちょダイレクトのトークンが届いた。思ってたより小さい。

2014年6月26日木曜日
ゆうちょダイレクトのトークンが届いた。思ってたより小さい。

先日、申請してみたゆうちょダイレクトのトークンが早速届いきました。トークンとは、「ワンタイムパスワード」を発行するもので、『コレを持ってないとゆうちょダイレクトにログインできねーぜヒャッハー!』というパスワードクラック対策ができるものです。その反面、なくしてしまったら、「ずびまぜん、、、とーくんなぐじぢゃいまじだ」とゆうちょに連絡しなければいけません。

んー、でもでも。ゆうちょダイレクトを不正利用されて、勝手にお金使われたら嫌なのでトークンを取っておこうということで申請しました。届いたトークンがほんとうに小さく、「なくしてくれ」と言わんばかりの小ささです。

ゆうちょトークン

これがゆうちょダイレクトトークンだ

ホント書くこと無いのですが、これでセキュリティ面が向上したことは確実です。それ以上でもそれ以下でもありません。


先の記事のように、はがきが来たらトークンが申し込める感じです。今後、手軽にトークンが作れるかわかりませんが、現時点ではゆうちょダイレクトを使っていて、かつ、はがきが来た人が作れます。

あんまり、トークン、トークンばっか合っても場所が邪魔でしゃーないですからね。そしてなくしたらそれ相応のお金が必要になります(再発行にね)

とりあえず、僕は「あったほうがいいなー」ということで申請してみたわけです。そしてそれが届いたわけです。あと、すっげー小さいなとiPhone5の画面より小さいなと。なくしちゃうぜコレww

kissaten的話


ゆうちょダイレクトにかぎらず、パスワードのセキュリティってやっぱり限界があるんスよね。こういう『物理的に所持できる鍵』があるだけで、セキュリティの壁の分厚さが変わります。お一ついかがですか?


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事