IKKI休刊にあたって、ドロヘドロ作者 林田球さんやメチクロさんからの言葉

ページ

 

IKKI休刊にあたって、ドロヘドロ作者 林田球さんやメチクロさんからの言葉

2014年7月30日水曜日
IKKI休刊にあたって、ドロヘドロ作者 林田球さんやメチクロさんからの言葉

僕が小学館IKKIで読みに呼んでいる漫画『ドロヘドロ』その作者である林田球さんや、その関係者であるIKKI編集部、メチクロさんからのメッセージが公開されていたのでご紹介します。

ドロヘドログッズが売られている、MHz(Hz)さんの公式ブログよりの紹介です。

ドロヘドロは続く

林田球より
ーーーーーーーーーーーー

こんにちは!林田球です。
ドロヘドロを読んでくれてるみなさん、いつもありがとうございます。
今回掲載誌の月刊IKKIが休刊することになりました。
でもご心配なく!
IKKI編集部の協力もあって、私は何ひとつ変えることなく
ドロヘドロを描くことができるよーにしてもらってます。

ドロヘドロは2015年に小学館から出る新しい雑誌に移動してつづきます。
これからもよろしくお願いしま~す!
(q)
※一部改変
IKKI編集部より
ーーーーーーーーーーーー

「ドロヘドロ」の今後について

「ドロヘドロ」連載中の「月刊IKKI」は、2014年9月25日発売号を以て
休刊することになりました。
創刊から14年、続けてこられたのも作家の皆様、読者の皆様のおかげです。
本当にありがとうございました。

「ドロヘドロ」はIKKI最終号まで掲載した後に、小社他雑誌に移籍して連載継続
します。
単行本はこれまでと同様に刊行いたします。形は変わりませんので
(新装版にはなりません!)ファンの皆様、ご安心ください。

2014年7月
IKKI編集部
※一部抜粋
メチクロより
ーーーーーーーーーーーー
こんにちは。メチクロです。

MHzでは2002年から球さんとご一緒させて頂いてますが、
実は、ドロヘドロ本編でも『魔の63』から構成担当という謎な役割で参加してます。

各話のサブタイトルを考えたり…
ネームや下書きを読んでスゴーい!と喜んでみたり…
監修のお手伝いさせて頂いたりと…
藤田並にファミリーの役に立っておらず恐縮なのですが、本誌体制変更後も
変わらずお手伝いさせて頂くコトになりましたー。感謝っ!

ドロヘドロは、いよいよラストスパート!?な展開に差し掛かってます。
ブッチギリでオンリーワンな漫画の完成をこの目で見届けるべく、
より一層自由奔放に応援しまくりますヨ。
本編以外にも魅力的な企画がてんこ盛りだったりしますので、引続き一緒に盛り上げましょうね。

ではではヨロシクです!

メチクロ [MHz inc.]
一部改変

メチクロさんw

気が付かなかったー!まさかメチクロさんが、そんな大役をお担当していたとは…。『構成担当という謎な役割』という、かなりの大役じゃないですか…。そして、ネームの下書きを見れるという、まるで編集者のような位置にいるのですね…。すごい…。

今後のドロヘドロ

ドロヘドロは、今後、別雑誌でやるということ。単行本はそのままの形態で単行本化するということ。いろいろと安心できますが、IKKIが休刊してしまうのは変わらないのですねー。残念です。ありがとうございました。

ドロヘドロ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事