『実は私は』7巻で新キャラ登場するのね。

ページ

 

『実は私は』7巻で新キャラ登場するのね。

2014年7月18日金曜日
『実は私は』7巻で新キャラ登場するのね。

週刊少年チャンピオンでやっている、人外ハーレム漫画『実は私は』の7巻を読んだ。我が家は漫画を買ってきてくれる人がたくさん居まして、『実は私は』は兄が担当しております。

主人公の人間が、吸血鬼に恋をしてしまった話。そうしたら、その学校にはたくさんの人外が居たわけです。例えば、宇宙人、例えば悪魔、例えば狼男…。なんとも萌えのツボをバラバラに散りばめた作品です。ヒロインがとんでもなく天然ということも有り、なかなか面白い漫画です。

そんな『実は私は』の7巻で、更に新キャラが出るのです。

実は私は


今回で7巻目となった『実は私は』。ぶっちゃけ、キャラクター増やしすぎて、「そんな風呂敷広げていいんか?」とか思っていたのですが、ちゃんとしっかりと流れていくのが良いです。それぞれのキャラクターの役目が有り、それのおかげで面白い感じになっています。RPGでいうと、武器の種類がたくさんあり、その都度戦略を変えれるみたいな感じです。

基本「ラブ」な「コメディ」でコメディ要素がはんぱなっく強いです。そして時たまある「ラブ」がもうね、キュンキュンですわ!

そして、7巻では新キャラ…。

『実は私は』7巻

『実は私は』7巻では、雪山の話からスタートです。好き合戦しようとしたら悪魔の校長が猛烈やらかしてきます。そんなこんなで、主人公(黒峰)とヒロイン(白神)が遭難します。すべて校長のせいですね。校長は千里眼があるので、遠くから見守る感じです。

遭難した黒峰と白神は、なんやかんやあって、白神夫妻(ヒロインの親)の馴れ初めを知ることになります。

7巻は、馴れ初めの話と、明里先生の過去話が見れます。7巻の表紙である明里先生。かなり可愛い表紙となっていますよね?でもね…。

『実は私は』の7巻カバーを外そう

そうすれば、明里先生の素晴らしさがわかると思います。

新キャラ登場

新キャラ銀

新キャラクターの銀 華恋さん。自分で「悪魔」と言っていますが、この人も好調の被害者で、実は…。

銀 華恋さんは、校長の一番の被害者なんじゃないのでしょうか?○○から悪魔になってしまったのですからね…。この人は、めちゃくちゃ良い人なので、悪魔の所業に何やら抵抗があるようです。それもそのはず、元○○ですから…。

実は私は7巻


そんなこんなで、『実は私は』の7巻を読みました。キャラクターを増やしすぎて、すぐ終わっちゃうんだろうなーとか思っていましたが、そのキャラクターたちを上手に使い話を積み上げていく漫画です。すばらしい。追っかけますよー!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事