使わなくなったトランプを使ったおしゃれなペン立ての作り方。

ページ

 

使わなくなったトランプを使ったおしゃれなペン立ての作り方。

2014年7月15日火曜日
使わなくなったトランプを使ったおしゃれなペン立ての作り方。

トランプが家に余ってませんかね?もしそれをもう使わないのでしたら、上記写真のように箱にしちゃうのも良いですし、ペン立てのように高さのある箱に作り変えてみませんか?

作り方はとっても簡単で、「ハサミ」とか「ノリ」とか使わなくても作れちゃうのです。もしお時間と、いらないトランプがあるなら是非挑戦して欲しいクラフト作品です。

いいなと思った。

もともと、マジシャンのUGさんが「ギフトボックス」としてFacebookでトランプで出来た箱を紹介されていました。

■:ギフトボックス - 宮城のマジシャンUG

「これいいな」「作れそうだな」という安直な考えから作り始め、ほんとうに簡単だったので作り方を紹介したいなと思いました。トランプのデザインが好きなので、それがなおいいんです!

トランプ余ってない?

トランプ余ってるよね?

家の中を探せば、マジックで使っていて、使わなくなったトランプがたくさんあると思います。今回はそういった、「もう使わない」トランプを使って箱を作っていきます。

コレはあったほうがいいよ

あったほうがいいよ

「道具いらねーぞ」とか冒頭で描きましたが、「コレはあったら作りやすい」というものがあります。それは『工作マット』と『定規』です。もちろん、「コレはあったら作りやすい」ってだけなのでなくても全然問題無いです。

ギフトボックスの作り方

折り曲げる

トランプを重ねてみる

トランプを従事に重ね、真ん中ぐらいに持ってきます。そして、はみ出た部分を折り込みます。

定規があると良い

その時、定規があると、いい感じに折り込めます。(なくても良い)ちなみに、この時、わかりやすいように、トランプの数字が書いてある方を上にしましたが、ここから下はトランプを裏返して作業しています。

それを両端、2枚とも折り込む。

反対側も折り、それを2枚のトランプともやります。写真のように、重ねなくても良いですが、重ねてやったほうが楽なので重ねました。

差し込む

内側に入れる

折った部分を内側に入れるように差し込みます。

差し込み、パーツが出来る

すべて差し込むと、座布団のようなきれいな四角ができます。これがひとつのパーツとなります。

パーツを複数作る

パーツが複数できる

パーツを複数用意します。6面体を作りたいのであれば、6個のパーツを作ります。トランプの面で絵柄が決まるので、数字や絵札を考えると良いかもしれません。

組み立てる

ジョイント部分を作る

つぎに、パーツとパーツをつなぎ合わせる「ジョイント」部分を作ります。「ジョイント」はとても簡単で、トランプを半分に折り曲げれば完成です。

それを差し込み…。

「ジョイント」を先ほどの「パーツ」に差し込んでいきます。トランプの幅は一緒なので、スーッと入って行きます。

反対側も差し込む

そして、「ジョイント」の反対側にも「パーツ」を差し込んでいきます。

差し込み終わりました

そして、2つの「パーツ」をつなげると写真のようになります。あとは、コレにもう2面の「パーツ」を取り付け、4面で輪っかを作ります。

底面は予め4つのジョイントを付ける

底面に当たる「パーツ」には、予め4つの「ジョイント」を取り付けます。すると、4つの「パーツ」から出来た輪っかがさくっと刺さります。写真のように、上から下ろしてあげます。

そして出来たのがコレ

そして、蓋を取り付けた状態のがコレ。この時点で「ギフトボックス」は完成しました。

2段にしてペン立て

2段にするだけ。

もうお分かりだと思いますが、「ペン立て」を作る場合は、「パーツ」をもう4つ追加するだけです。その時の「ジョイント」は折らずにそのままのトランプを差し込んであげればよいです。蓋は取り付けず、コレでペン立てとして完成です。

おまけとして



おまけに、「パーツ」と「ジョイント」を色々組み合わせて集合外のようなものを作ってみました。3つの「パーツ」からなる輪っかを4つ作ったら、「ジョイント」でつなぎ合わせるだけで出来ます。合わせて作ってみては?



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事