FF10を「最強」に育てようと思っていたけど、やめて普通にクリアした

ページ

 

FF10を「最強」に育てようと思っていたけど、やめて普通にクリアした

2014年8月19日火曜日
FF10を「最強」に育てようと思っていたけど、やめて普通にクリアした

FF10のHDリマスターをPS3とVitaを行き来してプレイしていました。何度目かのプレイになるFF10なのですが、「今回は最強にしよう」と思っていたのですが、「やっぱやーめた」ということで途中で普通にクリアすることにしました。なのでFF10のキャラクターたちは「最強」を目指していた途中のステータスなのです。

最強を目指して

FF10HDリマスター


FF10とFF10-2がセットになったHDリマスターバージョン。これをPS3とPS VITAの2つ用意してFF10をGUMIさんと楽しんでいました。そして「最強を目指そう」となって行ったわけですね。ちなみに、VITAはPlayStation Vita FINAL FANTASY X/X2 HD Remaster RESOLUTION BOXにあったVITAで限定と鳴っています。GUMIさんがゲームをやり始めると、必ず機器が増えている気がして怖いです。

FF10と言えば「○○限界突破」の武器アビリティがあり、これにより、通常なら9999がMAXのダメージなのですが、99999がMAXにできるのです。HPなら99999、MPなら9999と言った具合にそれぞれの限界突破があります。とりあえず、ステータスマックスとそれらをMAXにしたらいいなーと。

ところが、FF10HDリマスターには罠がありまして、「ラスボスより強い敵」が増えているのです。通常、FF10に登場する「訓練所」の最強キャラといえば「すべてを超えし者」ですが、ソレを超えるものが存在しちゃうのです。また、ダーク召喚獣といいまして、FF10の通常版にはいなかった、ソレはソレは強力な敵がわんさか配置されています。

あ、もういいや

ソレを知って、戦意喪失して、シンの体内(ラスボスのところ)に行ってクリアに向かうことにしました。あそこはエンカウントする敵が強いのですが、問答無用で「エンカウントなし」をせっとして、「ダンジョンをひたすら歩いてラスボスのところまで的に一切会わずにクリアする」というRPGプレイヤーとしては暴挙とも取れる行為をしました。

途中で出てきた中ボスである最終形態の「シーモア」も1発で殺せるほど成長してしまっていたので、もうナニも怖いものはありません。セリフを吐くだけの敵でした。

そしてラスボスの「エボンジュ」も余裕の一撃で倒してしまい、エンディングまで速攻で行きました。それもこれもFF10-2をやるためのクリアです。「もういいや、FF10-2をやろう」ということです。

その時のステータス

FF10ティーダのステータス

FF10ワッカのステータス

FF10リュックのステータス

とりあえず、攻撃力がMAXで物理防御はリュック以外MAXです。この数値を見ると「あぁ、コレはガンバったんだなあ」と見て取れると思います。もうね、こんだけステータスあったら、敵は怖いものなしなんですよ。ただし、先制攻撃で臭い息を吐くモルボル系の敵には無理があったのです。それにエンカウントしない限り、余裕でクリア可能なステータスです。

ガンバったんだよ…。

なんでやめちゃったかというと、「リボン」が取れなかったのです。リボンを取るためには「ダークマター」というアイテムが必要で、コレを落とす敵はいるのですが、その落とす確率が低い。唯一落とす確率が高くて何度もできる「ようじんぼう」も、ぶっちゃけあのステータスじゃ倒せなくて、そのためのステータス上げをしなくてはいけない。

ということで、「あ、めんど、やめよ、クリアしよ」という感じになりました。用心棒を倒せるぐらいのステータスなら、きっとリボンも全部集めて、「最強」を作り上げていたと思います。ちなみに僕が思う最強防具は「オートフェニックス」「HP限界突破」「オートヘイスト」「リボン」です。これは強いんじゃないかなーと。

FF10-2は?


ちなみに、FF10-2のプレイはGUMIさんが担当します。もうすでに、アルティマニアも準備されているようで、あとは時間を見つけてコツコツやっていくそうです。って、攻略本見ながらかいな!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事