すりガラスっぽいエフェクトを写真に追加するアプリ:Glass effecT

ページ

 

すりガラスっぽいエフェクトを写真に追加するアプリ:Glass effecT

2014年9月14日日曜日
すりガラスっぽいエフェクトを写真に追加するアプリ:Glass effecT

iOSで利用できる写真系アプリ『Glass effecT』の紹介記事です。写真に「すりガラス」のようなエフェクトを追加するアプリです。まるでモザイクを掛けたような、でも何かぼんやりと見えるぞッて感じの写真です。ちょっとしたおしゃれな写真を作ることが出来ます。

Glass effecT


コチラが今回紹介する、写真にすりガラスのようなエフェクトを付けるアプリ『Glass effecT』です。このアプリで写真を撮影したり、写真アルバムから写真を選択してエフェクトを追加したい出来ます。

Glass effecTの作例

写真加工アプリ『Glass effecT』の作例

写真加工アプリ『Glass effecT』の作例

写真加工アプリ『Glass effecT』を使うと上記のような写真を作ることが出来ます。輪郭にそって、つぶつぶの模様が付く感じで、全体的にすりガラスから見たような物に変えます。操作も簡単で、すぐにこの効果を見ることが出来ます。

『Glass effecT』を操作してみる

『Glass effecT』を操作してみる

『Glass effecT』を操作してみる

『Glass effecT』でエフェクトを調整する箇所は二箇所あります。右の虫眼鏡のマークが付いたスライドバーと、左下のカラーリングです。

右のスライドは、つぶの細かさを選べます。スライドさせるだけなので、とても簡単。

そして、左下にあるカラーリングでは、明るさ、細かさ(シャープ)、色合いを選択できます。撮った写真より、明るくは出来ないですが、暗い感じには出来ます。

とりあえず簡単。おわったら、右上のカメラのボタンを押せば保存されます。

このアプリの惜しいところ

「すりガラスっぽい感じがすぐに出来る」という点では、『Glass effecT』はいい感じのアプリですが、写真の明るさを明るく出来ない点や、縦長写真でしか保存されないのが残念です。つまり「惜しいアプリ」です。

まぁ、こんなものはディベロッパーさんに要望出したら余裕で解決すると思います。ちなみに、上記写真は「正方形」の写真を読み込んだのですが、先に書いたように縦長画面でクロッピングされちゃいました。惜しいなー。

まぁ、ホーム画面とかの壁紙にするにはいいかもね。だって、サイズそのままだもん。

kissaten的話


惜しいなー。実に惜しい。でも、こういうエフェクトは大好きだよ。今後のアップデートに期待したいアプリです。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事