iPhoneのメール返信時に、引用文をうまいこと消す方法

ページ

 

iPhoneのメール返信時に、引用文をうまいこと消す方法

2014年9月11日木曜日
iPhoneのメール返信時に、引用文をうまいこと消す方法

iPhoneの標準メーラーでは、メール返信時に返信元となったメールの「引用文」がついてきます。コレをうまいこと消しながらメールを打つ方法を載せます。もちろん、一つづつBackSpaceで消していってもいいのですが、なるべく「最速」で消せたほうがいいですよね?

iPhoneのメールにかぎらず、本来なら引用文はあったほうがいいですが、ガラケーの人に送るときとかに、iPhoneでメール引用文を消す方法を覚えておいてはどうでしょうか?

メール引用文を消す

いくつかある方法

「引用文」を付けづにメールを送る方法は、実はいくつか有ります。ひとつは、メール引用文を消していく。もう一つは、新規メールでメールを返信する。という方法。僕は全くコレをおすすめしていないのですが、この方法を使う人もいるみたいです。もう、返信じゃなくて新規作成ですからね。うん。

まぁ、今回は前者の「メール引用文を消していく」方法をとります。しかも、なるべく「早く」つまり、「最速」で返信する方法です。

返信画面から

iPhoneのメール返信画面から引用文を出す

まずは、普通に引用文有りの画面を出します。やり方は簡単で、メールの右下のアイコンを押してダイアログより「返信」を押します。すると、返信元メールの引用文が付いた状態で、新たなメール作成画面が現れます。

ここまでは、普通のメール返信画面です。

iPhoneの「メール」で普通に返信すれば、この画面が出ると思います。この後「普通にBackSpaceで文字を消していく」のも良いのですが、それよりも早い消し方をご紹介します。

引用文はこう消そうぜ

iPhoneのメール引用文はこうやって消そうぜ

引用文が付いた状態のメール返信画面で、そのまま「2回タップ」か「長押し」をします。すると「選択、全選択、スペース、▶」のダイアログが出ます。

ここで、「全選択」をタップ

すると、写真真ん中のように、返信元のメール引用文を含むすべての文章が選択されます。ここで「BackSpace」を押して、文章を消してもいいのですが、

ここで、そのまま文字を打ち込む

コレが僕が考えるiPhoneでの最速のメール返信です。

この工程をすることによって省かれる動作は、

・文字をいちいち消さなくて良い
・BackSpaceを押さなくて良い(全選択していた場合)

この2工程。たった2つの工程。コンマ何秒かの差ですが、この「返信」という行為を何度も重ねていけば通算で一体どれぐらいの差が出るでしょうか?ちりも積もればなんとやらです。やらないよりやったほうが確実に時間の差が出てくるのです。

まとめると

  • 二回タップ or 長押し
  • 「全選択」を選択
  • そのまま打ち込む

やるかやらないかは、あなた次第。そして、こういう方法もあるんだぜと覚えておいて欲しいですね。

※iOS8は「そのまま打ち込む」より消したほうがいいかも

ちなみに

僕が何故、新規作成を推奨していないかというと、それは返信時のタイトルに有ります。返信時、機種によっては「Re:」が量産されていきますよね?これが溜まっていったほうが、なんかやりとりしてる感があっていいじゃないかなーと。恋人とか友人の場合ね!それだけの話しですw

kissaten的話


引用文を消すのは時と場合によります。消さなくて良い人は消さないように送っています。ガラケーとかの人は、なるべく、付けないようにしようかなーぐらいの気持ちでやっています。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事