やっぱり万年筆で書くと気分が違うな!LAMY safariを紹介します。

ページ

 

やっぱり万年筆で書くと気分が違うな!LAMY safariを紹介します。

2014年9月16日火曜日
やっぱり万年筆で書くと気分が違うな!LAMY safariを紹介します。

メモを書くとき、なるべく「万年筆」を使うことを意識しています。コレで書くと「なんか気分が違う」という、かなり私的なことなのですが違うのです。「万年筆で書く」という行為を学生時代から興味があって、恩師がモンブランの万年筆を利用していました。しかし、「万年筆」、いかんせん高価なものです。そこで教えていただいたのがLAMYのサファリ(アルスター)シリーズです。

LAMYは、説明するまでもなく有名な筆記用具メーカーです。そこの出しているシリーズ、LAMYサファリ(アルスター)がいいんすよ。値段がね、結構安いんですよね。これは、自分にもいいし、プレゼントにもイイ万年筆だと思います!

万年筆LAMY


コチラの写真はLAMYあるスターです。サファリとの違いは、外壁がアルミ素材かどうかです。つまり、LAMYサファリと同じです。外壁がアルミがいい人がアルスターを選択します。

さて、LAMYのこの万年筆。本当に他の万年筆と比べるとリーズナブルです。それでいて、かなり「万年筆!」ッて感じがします。「おもちゃじゃないぜ」感が本当にすばらしいです。


これぞ万年筆

といえるものだと思います。

万年筆のかき心地

万年筆のかき心地

やはり万年筆。ボールペンとは違い、スススという感じでかけます。もう、「いつまでも書いていたい」と思わせる謎の感じが書いていると手に伝わってきます。何でしょうか?コレはすべての万年筆にある現象なのでしょうか?すっげー気持ちいいのです。

LAMYの万年筆

LAMYの万年筆は、尖っていたり柔らかかったり、なんかそういう字がかけます。「字」というか「線」ですかね。「万年筆」っぽい線ができます。

牛乳は美しい

すごい
書いていて楽しい

メモ魔な僕にとって、こういう手応えのある筆記用具は嬉しいです。なんだかとても楽しい気分になっちゃいます。万年筆ってそういうもの。

LAMY万年筆をご紹介

ここで、LAMY万年筆(アファリ・アルスター)関連の製品をご紹介します。

サファリとアルスター


こちらが、サファリとアルスターです。アルスターのほうが若干高いですが、「金属」な感じの万年筆をお求めの人は是非「LAMY アルスター」を選択して下ださい。この二種に言えること、というかLAMY製品に言えることなのですが、カラーバリエーションがかなり豊富です。探せばきっと、自分の気にいるカラーの万年筆があるしょう。

関連グッズ


インクはこのようなカートリッジで販売しています。インクが無くなったらコレを入れ替えるだけです。


また、「インクを吸引するタイプ」のカートリッジも有り、これは様々なインクをLAMYで使うために有ります。LAMY純正のインクを入れてもいいですし、他の変わった色のインクとか入れても楽しめると思います。

kissaten的話

LAMY safari



「憧れだった万年筆」が結構安く手に入れることを知って、速攻ゲットしたLAMYのサファリ(アルスター)。もう長いことコレを利用させてもらっています。長年の共ですね!

きっとこれからもずっと使わせていただくと思います。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事