PFUスキャナー「ScanSnap」とクラウド経費管理アプリ「Streamed」が連携だよ!

ページ

 

PFUスキャナー「ScanSnap」とクラウド経費管理アプリ「Streamed」が連携だよ!

2014年9月17日水曜日
PFUスキャナー「ScanSnap」とクラウド経費管理アプリ「Streamed」が連携だよ!

コレは捗るぞ!当ブログで何度も何度もご紹介した株式会社PFUのスキャナー「ScanSnap」と人力入力で確実に経費管理が楽になる、株式会社クラビスのクラウド経費管理アプリ「Streamed」が連携できるようになったぞー!

クラウド経費管理アプリ「Streamed」は手入力でやってくれるので特殊な表記のレシートにも対応するっていうすばらしいやつですよ!これで、すっごい経費管理が楽になるぞー!

ScanSnap × Streamed

ScanSnap


こちらが、ScanSnap ix100です。バッテリー駆動で、Wi-Fi当サイト。「モバイルで使ってくれ」と言わんばかりの仕様です。コレはすばらしい。

当ブログでのScanSnap


こちらに、ix100の記事をまとめてあります。ご興味アレばどうぞ。

Streamed


こちらが、株式会社クラビスのクラウド経費管理アプリ「Streamed」です。手入力で行っていた作業を代行してくれるサービスです。詳しくはコチラをご覧ください。

■:Streamed(ストリームド) / 経費管理の時間を10分の1に。もう手入力には戻れません。

この組み合わせによって

この連携により、ScanSnapで領収書を高速に読み取り、ストリームドで経費データとして自動簡易仕訳ができるようになります。また、ScanSnap(*2)はWi-Fi対応なので、経費の記録から自動仕訳までスマートフォンで完結できるようになります。
例えば、飲食店や小売店の店舗など、パソコンを使わない環境でもScanSnapとスマートフォンがあれば大量の領収書を読み込んで自動データ化し、簡易的に仕訳までできるので、これまでかかっていた経費管理のための負担を劇的に軽減できます。
Via:http://streamedup.com/news-07-scansnap.php

つまり、スキャナーして、送ったら経費管理が終わりっていうすばらしいものです。レシートを挟んでボタンを「ピ」っていう流れっすね。めちゃくちゃ経費管理が楽になるのだ…。

kissaten的話


という感じで、また、ScanSnapの可能性が広がってしまいました。どこまで行くのだこのスキャナー!すごいなー。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事