資料が来る度にScanSnapでスキャンしてEvernoteに入れる楽しみがある

ページ

 

資料が来る度にScanSnapでスキャンしてEvernoteに入れる楽しみがある

2014年9月8日月曜日
資料が来る度にScanSnapでスキャンしてEvernoteに入れる楽しみがある

ScanSnapユーザーの@kissatenです。PFUさんのとても小さいスキャナーScanSnap ix100を利用しています。小さいし、モバイルだしWi-Fi搭載なので、「持ち運び出来ちゃうスキャナー」としてこのブログでもいくつかご紹介しました。

そんなScanSnapさんが着てから、僕の日常がガラリと変わりました。毎月来る資料や手紙などを積んであった場所がなくなり、すべてEvernoteに放り込むようになりました。「資料が来る」→「とりあえずScanSnapでスキャン」→「Evernote」という流れがなんとも楽しいんですよね。

資料をまとめる=楽しい


こちらが、僕が使わせてもらっているスキャナーです。非常にコンパクトで、電源の線が不要なので、じゃまにならない。そして使いたいときにすぐ使えるのがいいっすね。これは毎月かならず使う製品です。

こいつが来てから、自分の資料まわりの生活が変わりました。

資料がいっぱいあるじゃん?

資料がいっぱいあるよね

毎月必ず郵送されるものや、イレギュラーなハガキや、雑誌の切り抜きとかたくさんいろんな「資料」ってありますよね?それって、捨てちゃっていいのかどうかわからないんですよね…。でも、その心配が一気になくなったのです。

ScanSnapとEvernoteのコンボでね!

資料をデータ化してEvernoteにGO!

資料をEvernoteへGO

凄くシンプルな流れです。「いるなー、でもすてようかなー」的な資料をScanSnapでスキャンして、EvernoteにJPGかPDFで保存しちゃえばいいのです。

個人的にこの流れに持って行くもはこんな感じで

  • 毎月かならず来る明細
  • イレギュラーなハガキ、手紙
  • 病院の資料
  • 雑誌の切り抜き
  • 自分で書いたイラスト

まだまだ資料として取り入れるものが有りますが、とりあえずこれだけ存在します。ぶっちゃけ、結構な量になっちゃうのです。そして、コレは毎月あるので毎月使うというわけです。

コレをすることによって、Evernoteが自分専用の本棚として役立つわけですね。今までは資料を積んでいたのですが、ソレが無くなったわけです。

この場合ですと、明細とかはジップロックに放り込むだけで何も見ないんです。見るときにEvernoteで確認しますからね。

ココで重要なのがEvernoteに資料が溜まっていくのがなんとも楽しいんですよね。「あぁ、結構スキャンしたー」とかね。絶対に後で確認するので、ここでもEvernoteをいい感じに整理しちゃうとかするのも楽しい。もう、全部の流れが楽しい。

この流れが楽しい!

ScanSnapのおかげで「資料を整理する方法」を見いだせて、そして綺麗になって、何より楽しい。そんなことが有りましたとさ。

kissaten的話


「整理苦手だなー」って人には、多分わかんないと思うんですけどね。こうやっていい感じにデータを整理していく楽しみがあるのでこれは生活スタイルになりますわ。そして、整理したものは絶対に確認するので、その時見やすいと自分にありがとうと言いたくなる。

ScanSnap関連記事



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事