Evernoteの新しいインターフェース(Beta)を試してみた。

ページ

 

Evernoteの新しいインターフェース(Beta)を試してみた。

2014年10月4日土曜日
Evernoteの新しいインターフェース(Beta)を試してみた。

Evernoteを日々使わせてもらっています。なにやら新しいインターフェースのBeta版が公開されていて、僕もEvernoteを使う身としてつかってみることにしました。非常にシンプルで簡素なインタフェースになったっていう。

■:Evernote

実は、EvernoteのクライアントをノートPCで使うのをやめようかと思ったところで、インタフェースが変わったということは、添付ファイル関連が変わるのかなー?とか思っていましたが、どうやら100MB制限はそのままで、添付ファイルは10個までということでした。残念ですが、インターフェースは前よりイイ感じになったんじゃないかなーと。

新しいインタフェース

EvernoteのBeta版

とりあえず、Beta版をどうやって始めるんだろう?と思ってWEB版のEvernoteに入ったら、上記のようなダイアログが出てきました。「作業に集中しやすいデザインになっています。ぜひご利用ください。」ということなので利用してみることに。ポチッとな。

いたってシンプル

Evernoteの最初の画面

最初に現れるのはこの画面。何もなさすぎて「データを失ってしまった」と思いました。

新規ノートを書いてみる

実際に新規ノートを書いてみると、画面いっぱいにノートが書ける場所が現れます。文字大きさもいい感じ!

実際にはこうなります

実際に利用するとこういう感じになります。相変わらず、左にノート一蘭があり、右にノート内容が現れる仕様です。どうやら「リスト」「カード」といった表示方法がなくなったらしいですね。僕は普段からこの表示方法だったので特に違和感なく使えます。

ただ、添付ファイル

添付ファイルはやっぱり100MB

先にも述べましたが、やっぱり10個のファイルで100MBまでアップロードでした。どうせなら、ファイルをドロップで入れれるようにして欲しいですね…。あと100MBじゃなくてせめて、300MB位いけるようにしてほしいな…。

とりあえず使ってみよう

Evernoteアンバサダーの皆様の使い方をマネて、僕もスケジュールングとかをEvernoteでやってみようと思います。この新しいインタフェースでやり始めたら、それはそれで使えるものになるんじゃないかなーと。

参考:【レビュー】Evernote、ウェブクライアントベータ版を一般公開されたので使ってみた | ひとぅブログEvernote、ウェブ版アプリケーションを刷新(現在はベータ版) - TechCrunch



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事