アップル、「iOS 8.1」の提供開始。アップデートの内容と方法をご紹介

ページ

 

アップル、「iOS 8.1」の提供開始。アップデートの内容と方法をご紹介

2014年10月21日火曜日
アップル、「iOS 8.1」の提供開始。アップデートの内容と方法をご紹介

10月21日にアップルから「iOS 8.1」が公開され早速人柱感覚でアップデートしました。どうやらiOS 8.xxからのアップデートで良くなったと言わさせていただきたい。結構早い感じ。

この記事では、アップデート内容と方法をご紹介します。iOS 8.xxの人は8.1に上げたほうが良い気がします。

iOS アップデート

アップデート内容

このリリースには、以下の新機能、機能改善、バグの修正が含まれます:
  • "写真"Appの新機能、機能改善、修正
    • iCloudフォトライブラリをベータサービスとして追加
    • "写真"Appに"カメラロール"アルバム及び"自分のフォトストリーム"アルバムを追加(iCloudフォトライブラリを使用していないとき)
    • タイムラプスビデオの撮影時に空き容量が少ない時は事前に通知を表示
  • "メッセージ"Appの新機能、機能改善、修正
    • iPhoneユーザが自分のiPadやMacからSMSおよびMMSテキストメッセージを送受信できる機能を追加
    • 検索結果が表示されないことがある問題を修正
    • 開封済みメッセージが開封済みとして処理されない問題を修正
    • グループメッセージの問題を修正
  • 一部のベースステーションに接続した際に発生するWi-Fiパフォーマンスの問題を修正
  • Bluetoothハンズフリーデバイスに接続できない問題を修正
  • 画面の回転が機能しなくなる問題を修正
  • モバイルデータ通信で2G、3G,またはLTEネットワークを選択できるオプションを追加
  • Safariでビデオが再生されないことがある問題を修正
  • PassbookパスのAirDropサポートを追加
  • Siriとは別にキーボードの設定で音声入力を有効にするオプションを追加
  • HealthKit対応Appによるバックグラウンドでのデータアクセス機能を追加
  • アクセシビリティの機能改善と修正
    • アクセスガイドが正しく機能しない問題を修正
    • 他社製キーボードでVoiceOverが機能しない問題を修正
    • iPhone 6およびiPhone 6 PlusでMFい補聴器の使用時の安定性と音質を向上
    • VoiceOverの音声ダイヤルで別の番号をダイヤルするまで音が鳴り続ける問題を修正
    • VoiceOverで手書き入力、Bluetoothキーボード、点字ディスプレイを使用するとき信頼性を向上
  • iOSアップデートにOS Xキャッシュサーバを使用できない問題を修正

一部の機能は、国や地域によっては利用できないことが有ります。

アップデート方法

毎度のことですが、iPhone単体で行う場合は、Wi-Fi接続が前提です。PCを使う場合はiTunesより行います。この記事ではWi-Fiでのアップデート方法です。

iPhoneの設定より

iPhoneの設定より「一般」>「ソフトウェアアップデート」でiOS 8.1をダウンロードします。

ソフトウェアアップデート

「利用規則」が出るので、ある程度読み終わったら「同意する」より次に進めます。ダウンロード、インストールを行えばiOS 8.1になります。ダウンロードはある程度時間がかかりますが、インストールはすぐに終わるものと思います。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事