Mac購入時に見ておけばよかったAppleの「One to One」というメンバー制のやつ

ページ

 

Mac購入時に見ておけばよかったAppleの「One to One」というメンバー制のやつ

2014年10月21日火曜日
Mac購入時に見ておけばよかったAppleの「One to One」というメンバー制のやつ

先日、MacBook Proを注文して、その時に気づかなかったのですが、Mac注文時にとあるメンバー制のものに入れるらしいのです。「One to One」という名前で、Appleのスタッフが色々設定してくれたり教えてくれたりするカリキュラム的なものがあるそうです。

どういった人に必要なのかよくわかりませんが、『あなたのMacで想像もしなかったようなことをしてみませんか。』というOne to Oneの説明があって、なんだか気になっちゃったっていう。

One to One

あなたのMacで想像もしなかったようなことをしてみませんか。One to Oneトレーニングは、そのためのお手伝いをします。まずスタッフがEメールを設定し、写真や音楽などのファイルを移し替え、iCloudですべてをシンクさせる方法をお見せします。続いて、あなたの目標、学習スタイル、これまでの経験に合わせて、あなただけのカリキュラムをあなたと一緒に作ります。

まず「自分のしたいこと」ができ、「Macのできること」を教えていただくといった感じのものかと思います。

どうやってやるの?

One to Oneの年会費は9,800円(税別)。Macをお近くのApple StoreまたはApple Online Storeで購入する際にのみ、お申し込みいただけます。

つまり、Mac購入時にコレに加入できるそうです。しかも、更新は2回までOKで、つまり3年間はこのOne to oneに入れちゃう。

電話で聞いてみた

一応、電話でOne to oneについて聞いてみました。聞いた内容は「3年以上入れるの?」「他の人に譲れるの?」でした。

3年以上入れるの?

無理だそうです。

他の人に譲れるの?

譲れないそうです。このOne to oneは、購入したMacに紐付けられるそうで、譲るのは不可能だそうです。

まとめ

Mac購入者にはOne to oneというものが有り、それは『あなたのMacで想像もしなかったようなことをしてみませんか。』を元にMacのスキルアップを目指すもの。初心者専用という感じです。自分で手探りで習得していく系の僕にはあまり必要性は感じられませんでした。One to oneに入っている人なら、3年間までメンバーで要られるそうです。もし続けるなら「データ移行」という形でMacを新たに購入すれば可能とか。

そんな頻繁にマックって買うんかなー?


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事