ウィジットに対応したMyShortcutsにURLスキームで色々登録しよう!

ページ

 

ウィジットに対応したMyShortcutsにURLスキームで色々登録しよう!

2014年10月12日日曜日
ウィジットに対応したMyShortcutsにURLスキームで色々登録しよう!

MyShortcutsがiOS8から始まった、通知センターのウィジットに登録したので、改めてMyShortcutsのすばらしいさを布教したいと思います。MyShortcutsはウィジットにHTMLをそのまま出力できるので、自分で好きな配置で「何か」を置けます。

僕はもっぱら、アプリのショートカットを配置する感じにしました。上記写真のように、アプリを2列で段々と登録できるようにしたわけです。なので、今回は、銅やったらこういう感じにできるかをご紹介します。ぶっちゃけHTMLの知識が必要なのですが、ソレも踏まえて説明します。

MyShortcuts

必要アプリを得る


コチラが今回のメインアプリ。ウィジットに追加できるようになり、やっぱり「このアプリはいいなー」ッて思いました。今回ご紹介するHTMLを登録するには別途アプリが必要です。


「有料」と「無料」のLE版があります。ぶっちゃけどちらでも良いので、必要だと思う方をDLしましょう。ちなみに、僕は有料版を所持しています。MyShortcutsの書き込み以外にもコイツにはすばらしいことが出来ます。又後日記述できたらなと。

HTMLに登録する

「メモ」に書きこむイメージはこんな感じ

実際に書きこんでいるメモ

今回、説明するHTMLの構造です。ぶったちゃけ理解はしなくて良くて、この通り書いたら動くよという感じです。図を見てもらえば分かる通り、自分が書き込むのは水色の所だけです。そして緑色の部分が、「行」に当たる部分で、行を増やしたい場合にコピペして増やしていきます。

<div class="~">○○</div>

イメージとしてはDIVのカッコで囲まれた中がひとつの塊になっていて、その中にもDIVが入っている感じです。お皿の上にケーキを並べていく感じ。

水色の四角の中

水色の中はこうなっている

水色の中をコードにするとこんな感じです。赤文字の○○○にはURLスキームを入れます。そして表示させたい名前に△△△を入れます。URLスキームとは、アプリを呼び出すアドレスのようなものです。たとえば、Facebookアプリでしたら「fb://」と登録してあげればFacebookが呼び出せます。なのでこの場合は、

Facebookの場合

<div class='app'>
   <a href='fb://'>
   <div class='name'>Facebook</div></a>
</div>

このように記述します。

URLスキームはアプリごとに異なり、アプリによっては存在しない者まで有ります。URLスキームを調べるのは以下のサイトをどうぞ。

■:iPhoneアプリ URLスキーム一覧!! スキーマの使えるアプリ まとめ
■:iPhoneアプリのURLスキーム @ ウィキ - ページ一覧
■:iPhone URLスキーム[URL scheme] - The theoryの戯言 -

実際に記述するHTML

これらを踏まえて、以下のHTMLをMyShortcutsの「メモ」に登録します。

<style type='text/css'>
.row {width:100%;clear:both;}
.app {width:50%;float:left; margin-bottom:10px;}
</style>
<div class="shortcut">

<div class='row'>
  <div class='app'>
    <a href='sms:'>
      <div class='name'>メッセージ </div></a>
  </div>

  <div class='app'>
    <a href='seeqplus:///'>
      <div class='name'>Seeq</div></a>
  </div>
</div>


<div class='row'>
  <div class='app'>
    <a href='com.tapbots.Tweetbot3:///'>
      <div class='name'>Tweetbot</div></a>
  </div>

  <div class='app'>
    <a href='fb://'>
      <div class='name'>Facebook</div></a>
  </div>
</div>

<div class='row'>
  <div class='app'>
    <a href='myshortcuts://'>
      <div class='name'>shortcut</div></a>
  </div>
</div>

</div>

とりあえず、「メッセージ」「Seeq」「Tweetbot」「Facebook」「MyShortcuts」が開くようにしました。それを3行2列で5つのアプリです。コレを見てわかっていただけるように、<div class='row'>~</div>で囲ってある所がひとつの塊になっています。

「おまじない」部分については、分かる人だけが触れば良いと思います。

まとめ

  • MyShortcutsのウィジットにアプリが登録できる
  • MyShortcutsの登録にMyScriptsが必要
  • HTMLの知識が必要
  • URLスキームがわかればアプリのショートカットが作れる
  • サンプルでは5つのアプリが登録される

僕みたいに絵文字を添えて登録してあげてもいいですよー。ソッチのほうが見やすいですからね。「わからんぞこのやろー」というひとは、ぜひ@kissatenにメッセージを送ってあげてください。多分答えます。

もし動かないとかアレば「’’」でしっかりと囲えていないか、URLスキームんの表記が間違っているとかそういう初歩的なミスが有ると思います。ご参考に。

追記


画像表示時にData URIを使えば、ウィジットを開く度に画像を参照しなくなります。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事