全ての、日常を送る人、旅人、自分の街が好きな人に使ってほしいアプリ「Photo Sphere Camera」

ページ

 

全ての、日常を送る人、旅人、自分の街が好きな人に使ってほしいアプリ「Photo Sphere Camera」

2014年10月10日金曜日
全ての、日常を送る人、旅人、自分の街が好きな人に使ってほしいアプリ「Photo Sphere Camera」

今回紹介するのは、Googleからのお願いかもしれません。「Photo Sphere Camera」というアプリは、360度全体を球体撮影できます。そして、GoogleMapに追加できます。

もうこの時点でわかると思いますが、全ての、「日常を送る人」、「旅人」、「自分の街が好きな人」のような人たちがこのアプリを使えば、そこがGoogleMapに公開されて見えるようになる。つまり、家にいながらも世界の様子を見れるようになります。

旅先や、自分の街の好きな場所、そういったものを公開できる素晴らしさ。実際に作ってみたのでご覧ください。

Photo Sphere Camera


今回紹介するアプリは、こちらの「Photo Sphere Camera」です。Googleが提供しているアプリで、できることは「球体撮影」ができるということ。自分の周りを何枚もの写真を撮ることで、それがパノラマ写真のように合成され球体写真が出来上がります。

※Androidは多分コレ:Googleカメラ
アプリのイメージ

Photo Sphere Cameraのアプリのイメージはこんな感じで、「風景全体を撮影」して、それがGoogleマップで公開されるというものです。それでは実際に作ってみたものを見ましょう。もちろん、「公開」しなくても球体写真は撮影できます。

実際にPhoto Sphere Cameraしてみた


コレは実際に撮影してみたものです。場所はよくGUMIさんといく鳥羽市のスーパーです。まるでストリートビューのようにグリグリと周りを見ることが出来ます。
※PC表示じゃないと動かないかも

こんな感じで、公開できます。撮影自体は、ぐるぐると回転しながら撮影するので、端から見たらちょっとやばい人に見られるかもしれません。5分ほど回転したら、球体写真が完成します。そのご、Wi-Fiなどを使ってGoogleにアプしたらもうこのように埋め込みできちゃいます。

こんな人に使ってほしい

よく旅をする人、その旅先の様子を球体写真にしてみてはどうでしょうか?自分の街が好きな人、ぜひ、自分の街の好きな場所を公開しましょう!そして、日常を送る人。何気ない日常でも、こうやって球体写真にしちゃえばいいと思いますよ!

僕は、チョットか病気の関係であんまり外の世界に触れれません。こういうことをやってくれる人がいると、いろんな場所に触れることが出来るんだろうなーとか夢が溢れますねー。

ちょっとした「壁」

ちょっとした「壁」があるとしたら、Googleアカウントが必要だということ。本名を登録してある人は、本名が表示されます。それでもいいという人、ぜひ「Photo Sphere Camera」を使ってみましょう!

■:Photo Sphere – 概要 – Google マップ
■:Embed Photo Spheres on Your Website - Photo Sphere — Google Developers
■:Photo Sphere Camera


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事