ソフトバンクで見たモラルハザード

ページ

 

ソフトバンクで見たモラルハザード

2014年11月27日木曜日
ソフトバンクで見たモラルハザード

先日、ソフトバンクにiPhoneを解約しに行ったときに、とある客によるもらるはざーどをみました。「おいおい、日本マジで大丈夫か?」とか思っちゃったんですが、こういう人って多いのだろうか?

モラルハザード

まず、ご存知だと思いますが、携帯ショップって大体が整理券的な制度で受付をします。入り口で順番のカードを受け取ってその番号が呼ばれたら受付できるという感じです。マクドナルドとか、病院とか、お客が多いお店にはだいたい常備されていると思います。

今回モラルハザードだと思ったのは、整理券を持っていかない客が数名いたこと。そしてその客に共通するのが「偉そう」だということ。なぜだ、なぜに偉そうなのだ。客は王様だと思っているのか?

ドラマ「王様のレストラン」の言葉を借りるなら、「王様の中には首をはねられた奴も大勢いる」もうこの人たちは首を刎ねられてもおかしくないレベルの人たちです。どうしてほかのお客がいるのに、平気で割り込めるのか。そしてなぜに威張り散らすのか。

明らかに僕より年配の人、恥ずかしくないのか?僕の親戚なら即、隔離させていただきたいレベルです。親戚にいて欲しくないタイプの人です。そんな人物を同じ店で数名見るという謎の事態。

これが「モラルハザード」というのでしょうね。モラルのかけらもない。よくみたら服装がぶっ飛んでいる。「頭大丈夫じゃない人かな?」ぐらいの気持ちで以内といけないのだろうか?そしてそれに対応しなくてはいけないソフトバンク店員さんに「ご愁傷様」と心の中でつぶやく。

スシロー

ところで、お昼ご飯にスシローで回転寿司を食べた。僕はこういう創作寿司が好きです。スシローに着たら、寿司ではなくこういうものばかり頼んじゃう。

スシローでは、すべてのお客さんが楽しそうに寿司をほうばっている。日本の平和がこの中で見ることができるようだ。強盗が着てもきっと寿司は回り続けるだろうし。「手を上げろ!」とかいっても寿司を食べちゃう人はいると思う。そんなスシローが僕は好きです。

僕は、さっきのソフトバンクの店員さんなど忘れて、回転レールでずーっと回っているてんぷらを眺めているのであった。(てんぷらってあんまり食べられないのかしなびている)


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事