怪しいけどうまかった伊勢市の「スパイス王国」行ってきたよ!

ページ

 

怪しいけどうまかった伊勢市の「スパイス王国」行ってきたよ!

2014年11月18日火曜日
怪しいけどうまかった伊勢市の「スパイス王国」行ってきたよ!

前々から怪しい店として行ってみたかったお店にっいてきました。なんだかとってもインドな雰囲気の「スパイス王国」というお店です。

三重県伊勢市にある「ららパーク」店内にあるお店です。本屋さんの前にあるのですぐにわかる!まず、先に言っておきますが、看板にいる写真の男性はいませんでした。でも美味しいお店でした。そしてやっぱり怪しかった。

スパイス王国

なぜ怪しいと思ったか

まず、なぜに怪しいと思ったかというと、このお店、お客さんをあまり見かけないのです。店内は通路から中が見えるのですが、人がいるのが稀です。つまり、「え、なんかやばいんじゃないのこの店?」って感じです。まぁ、怪しいのはそれ以外にもありますけど、とりあえず行ってみることにしました。

食べ放題だってよ

まず、一人719円で食べ放題です。何が食べ放題かというと「3種のカレー」「ナン」「ご飯」が食べ放題です。ん?え?えーと?


食べ放題です


マジです。マジで食べ放題です。マジで食べ放題でした。719円でめっちゃ食べれます。

とりあえず店内

暗い

店に入ると「ピンポーン」という音が鳴り響き、インド系の店員さんが現れます。どうやら日本語不慣れなようで、ぶっちゃけ何を言っているかわからない感じ。というかほぼ無言で店内に案内されたわけです。

するとですね、暗いんですよね。スッゲーくらいの。え?停電?くらいです。辛うじて、ららパーク店内の廊下からの明かりが入ってる感じです。よーく天井を見てみたら電球が幾つか抜いてありました。なんという倹約家。

ぽい

店内には、聞こえるか聞こえないかぐらいの音楽が流れており、流れておりっていうか厨房で聞いているのが聞こえてきている気がするぐらいの音楽です。あれ?厨房で聞いてるんじゃねーの?

もうこの時点で、「あやしい」と思ってしまったので、厨房が監視できる席に着きました。きっとここなら奥からマチェーテ(凄い形の方な)を持ってこられても一目散に逃げきれます。

あ、それとですね

貸切でした

なんと、貸切でした。期待はしてませんでしたが、貸切でした。

このお店が終わるのは8時ぐらいで、僕らが入ったのは7時ぐらい。まさかの貸切ひゃっほーい!

店員さんが何も言ってくれない

まず、店員さん、日本語を理解していない感じ。単語は通じるけど、長い文章にしちゃうとダメっぽい。なので719円のバイキングだよ(ってかそれしかない)というこを理解していただいた。そして程人さんが無言でドリンクバーとかその他ドリンクを指さす。え?それは頼めってこと?頼んだほうがいいの?ドリンクバーお願いします。(+200円)

そして謎の笑顔とともに、厨房の方へ。僕は厨房が見える位置だったのでこれだけは言えます。「店員さん一人やん」。いやいや、お店一人とか、他にお客さん来たらどうするの?


と思った、バイキング形式なのでそれはそれでいいのかもしれない。

バイキングは3種カレー

バイキングはこれ

バイキングはこんな感じで、カレーの容器が3つあり、その横にナンと炊飯器があります。ナンは上部から熱が出る機会の下に置いてあったのですが、どうも電源が入っていませんでした。というかナン自体なかった。今から作るとかなんとか。

そして、厨房からペチペチペチペチという音がなり、そのあと静かになり、ちょっとしたら新たなナンが登場した。

今回はGUMIさんと二人だけだったので、その分だけナンが置かれたようです。しかし、いいですか?「食べ放題」です。それだけで済むわけねーだろと、GUMIさんとともに、ナンを完食しようとします。

こんな感じのプレート

3種カレー

こちらが3種カレーです。「チキンカレー」「野菜カレー」「本日のカレー」でした。2種は固定で、1種だけ日替わりな感じです。ナンは切断されていて、それをバイキング形式で持ってくるっていう。

うまい

カレーは辛い+ナンは甘い
結果うまい

このお店、うまいやん。これはうまいぞ。カレーもそれ自体でうまいのに、ナンの甘さでさらにうまいものへと変貌する。いや、このお店はうまい。「スパイス王国」はうまいぞ!ただ、やっぱりお店の雰囲気的にお客さんが来ないのかな?うまい。僕はもう一度行きたい。

もう一人の店員さん

そうこうしていると、「ピンポーン」という音がなった。「お、お客さん来たか?」と玄関に目を向けると店員さんがもう一人登場。


お客さん違うんかーいい
なんだか異様な雰囲気だったのでカレーを吹き出したわけですわ。「お前かーい」みたいな。そして、その人がチラッとこっちの方に来たので「ナンがないよ」って日本語で言ったら、「マッテネ」なんて言って厨房の方へ。

最初からいたもう一人の店員さんい何か言っていて(怒ってる感んじ?)それに答えてまた「ペチペチペチ」とナンを作っている音が聞こえる。そしてでてくるナン。

そして先ほどのナンを置く場所に持っていく。

いやこっちクレヨw

その量だったら食えるわい。他のお客さんおらんやろーとか思いながらナンを再び自分の席へ。まぁ、うまいからいいわ。って感じで、結局ナンを作る工程を3回も聞くことができました。

おもむろにドリンクバーへ

後から来た店員さん(多分店長さん)がおもむろにドリンクバーに。「あ、もう終わる時間近いから整備するのかな?」と思いきや。

二人分のオレンジジュースを持って厨房へ。

おぃいいいいいいいうぃいいうぃうぃいwwwwwwwww厨房で二人で談笑しながらオレンジジュースを飲んでました。「あいつらまだナン食べるんかな?」とか話してるのでしょうか。なんとも自由。自由すぎる。

辛いやつ

これ

なんだかすっごい辛いものが置いてあって、でも容器には「こしょう」って書いてあって、「コレナニ(自然と片言になる)」って聞いたら、「カライノトウガラシ」とはにかんだかんじでいわれました。

でも容器には「こしょう」って書いてあるんですよね。これ、マジでうまい。食べ放題の中盤に入れたけど、めちゃくちゃ汗が出る。そしてうまい。

実はこんなことをしていた

このお店は719円でカレーバイキングが食べ放題です。お店を見る感じ、お客さんも入っていなくて、電球を取り外すほど節約している感じです。そりゃ無言でドリンクバーを勧めますわ。

でもですね…。

500円

500円になる魔法の本」を使って、500円(税別)で食べてきました。ね。500円(税別)で食べ放題。素晴らしいですね!

あと、時間制限が書いてないので、最初から最後までいても500円だと思います。

日本語が苦手だと思っていたら

すっごい日本語が苦手なインドの人だなーと思っていて、会計の時にとある事件が起きました。「このお店をブログで書いていいですか?」と日本語のまま聞いたら、「スマセンチョ」というので、もう一度ゆっくり「このお店をブログで書いていいですか?」とききました。ここで店員さんが。

Can you speak English?
と急に英語に!しかも饒舌!英語連呼!おそらく、「ブログ」という単語で反応したのでしょうね。これは困った、最初の英語の方を聞いていなかった。ということで、再び英語で言ってもらい英語でやり取りをして、ブログ掲載許可をゲット。

「ニホンゴハチョトムズイ」なんていいながら、英語はペラペラな店長の(後から来た店員さん)ラジェンダシンさんでしたー!ラジェンダシンさん、日本語の時は険しい顔だったのに、英語になった途端、えらい笑顔になった。やっぱ言葉が通じないって難しいんだなー。

そしてレジ付近から見える厨房に飲みかけのオレンジジュースを見て「スパイス王国」を後にするのでした…。

まとめ

今回行ったのは、三重県伊勢市にある「スパイス王国」さんです。このお店はまた行きたいなと思いました。


  • ちょっぴり怪しいお店
  • でもおいしい
  • カレーうまい
  • ナンうまい
  • 日本語より英語で話そう

ここって、「英語体験できる店」って考えたらめちゃくちゃ安いんじゃないか?だって食べ放題だし、そして英語の体験ができる。こんな素晴らしいお店がこんな近場にあったなんて!でも怪しいんだ!そこだよ!それが終わればきっとお客さんはくるよ!だってカレーは美味しいんだからさ!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事